« 米国と中国が9月1日以降互いの輸入品に追加関税をかける動きを拡大する。その結果日本は米国からトウモロコシを大量輸入する事になった | Main | 年十兆円の薬剤費の九割は税と保険料が占めるその薬の審査に関わる国の機関の情報公開度に開きがある薬の価格案を算定する審査過程は医薬品のほかの機関と比べても不透明だ »

高齢者や障害者難病患者ら災害弱者の避難を支える不断の改善が欠かせない胆振東部地震では札幌市が要支援者のための福祉避難所を開設しながら公表しなかったことなど課題が浮かんだ

災害弱者の避難 支援の想定きめ細かく



 
熊本地震では、熊本学園大学が独自に福祉避難所を開設し、教員や学生が支援に当たった。「熊本学園モデル」は参考になろう。国は市町村に要支援者の名簿作成を義務付け、支援者と避難場所を決める個別計画の策定を促している。名簿は大半が完成済みだが、計画は1割止まりだ。

 
本人の同意が得られず、町内会などに名簿提供が進まないことが背景にある。秋田市は重度障害者ら支援が必要となる可能性の高い人の場合、同意がなくても提供できる規定を設けている。

 
首長がリーダーシップを発揮し、町内会や当事者らを交え、計画策定を急がねばならない。

心配なのは、全域停電(ブラックアウト)の際に呼吸器系患者の多くが自宅にとどまったことだ。自家発電機や酸素ボンベなど要支援者のための備蓄も不可欠だ。

 
道は福祉仮設住宅を整備し、ばらばらだった入所者が共に避難生活を送っている。認知症などは環境が変わると症状が悪化しかねず、今後の備えに加えたい。「施設から地域へ」は時代の流れだ。要支援者が安心して地域で暮らせるよう、隣近所で顔の見える関係を築くことも大切だ。

|

« 米国と中国が9月1日以降互いの輸入品に追加関税をかける動きを拡大する。その結果日本は米国からトウモロコシを大量輸入する事になった | Main | 年十兆円の薬剤費の九割は税と保険料が占めるその薬の審査に関わる国の機関の情報公開度に開きがある薬の価格案を算定する審査過程は医薬品のほかの機関と比べても不透明だ »