« 公的年金の受給額が少なくて困窮している高齢の年金プアが最後に頼ることができるのは生活保護だ。しかし、制度内容の誤解から、生活保護を受けられる資格がありながら利用を控えるケースが目立っている。 | Main | セクハラの実態を正確につかむことは不可能に近い。なぜか。財務事務次官を辞任した福田氏のセクハラ問題はその答えをわかりすぎるほどわからせてくれた.。調査もせず口頭注意で済ませる。それが財務省の態度だった »

低炭素から脱炭素。世界の流れ。推進力は再生可能エネルギー。日本のスタートダッシュの遅れを取り戻すには、地域の力が欠かせない。火力や原子力は、いわば中央集権型、風力や太陽光は地方分権型のエネルギー。

環境基本計画 地域の力が試される

東京新聞2018年4月27日 

低炭素から脱炭素。世界の流れ。六年ぶりに改定された環境基本計画も、脱炭素化社会を目指す。推進力は再生可能エネルギー。スタートダッシュの遅れを取り戻すには、地域の力が欠かせない。

 

国の環境政策の指針となる環境基本計画は、およそ六年ごとに見直され、今回が四度目の改定だ。今回は、国連が国際社会が解決すべき「持続可能な開発目標(SDGs)」を世界に示し、温暖化対策の新たなルール「パリ協定」が採択された二〇一五年を「転換点」と位置付けた。

 

この年世界は、化石燃料から再生可能エネルギーへと推進力を切り替えた。地球温暖化や原発事故への危機感を共有し、脱炭素化社会への大転換が始まった。新基本計画は、世界の流れに沿った転換を国内で促すための指針でもあるべきだ。その象徴が<目指すべき社会の姿>とされた「地域循環共生圏」の創造だろう。

 

<各地域がその特性を生かした強みを発揮、自立・分散型の社会を形成、地域の特性に応じて補完し、支え合う>ことだという。

 

例えば電力。南北に細長く、起伏に富んだ日本列島は、気象条件もさまざまで、温室効果ガスを出さないクリーンな資源を豊富に秘めている。地熱や波力、バイオマス。新基本計画にも登場する雪氷熱や温泉熱、海水熱、河川熱、下水熱など“未利用資源”は枚挙にいとまがない。地元の資源を使って地元で電気を開発し、きめ細かく送電網を張り巡らせて、互いに融通し合いましょうというのである。

 

火力や原子力は、いわば中央集権型、風力や太陽光は地方分権型のエネルギー。太陽や風、大地の恵みは無尽蔵、しかもタダ。石油やガスに依存しながら、老朽化が進む原発の延命を図るより、はるかに安全、安価である。

 

電力だけのことでもない。食べ物の地産地消や、都市機能を中心市街地に集約するコンパクトシティーのデザインなどについても同様に、主役は地域。欧米では温暖化対策も自治体主導で進む。

 

さまざまな地域資源を発掘、活用し、足りないものは分かち合う。そうやって今のこの豊かさを次の世代へ伝えていこう、脱炭素化を実現し、持続可能性を維持しよう-。

 

それが「地域循環共生」なのではないか。大転換期の基本計画。実現のかぎを握るのは、企業を含めた地域の力、自治の力にほかならない。


|

« 公的年金の受給額が少なくて困窮している高齢の年金プアが最後に頼ることができるのは生活保護だ。しかし、制度内容の誤解から、生活保護を受けられる資格がありながら利用を控えるケースが目立っている。 | Main | セクハラの実態を正確につかむことは不可能に近い。なぜか。財務事務次官を辞任した福田氏のセクハラ問題はその答えをわかりすぎるほどわからせてくれた.。調査もせず口頭注意で済ませる。それが財務省の態度だった »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 公的年金の受給額が少なくて困窮している高齢の年金プアが最後に頼ることができるのは生活保護だ。しかし、制度内容の誤解から、生活保護を受けられる資格がありながら利用を控えるケースが目立っている。 | Main | セクハラの実態を正確につかむことは不可能に近い。なぜか。財務事務次官を辞任した福田氏のセクハラ問題はその答えをわかりすぎるほどわからせてくれた.。調査もせず口頭注意で済ませる。それが財務省の態度だった »