« 「世界株価急落」超金融緩和のしっペ返し第1波が来た | Main | 原子力規制委員会が、市民らから情報公開請求を受け、開示した行政文書は原則としてホームページ(HP)に掲載すると自ら制度化しながら2015年9月以降の約二年半全ての開示文書の掲載を怠っていたことが解った »

米核指針河野太郎外相が「高く評価したい」と表明したことは誤解招く ICAN川崎氏が参院調査会で警鐘

米核指針「高く評価」は誤解招く ICAN川崎氏が参院調査会で警鐘

東京新聞2018年2月8日  

ノーベル平和賞受賞団体「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)の川崎哲(あきら)国際運営委員、小平哲章撮影=が七日、参院国際経済・外交調査会に参考人として出席した。米核戦略指針「核体制の見直し(NPR)」を河野太郎外相が「高く評価したい」と表明したことに「(NPRは)核兵器の役割を拡大しており、誤解を招く危険がある」と懸念を示した。 

川崎氏は、NPRが通常兵器にも核で反撃するとしている点に「核リスクを高める」と警鐘を鳴らした。小型核など新型核の開発方針は、核拡散防止条約(NPT)の再検討会議の合意に反することを指摘し「トランプ政権は整合性がとれているのか説明しなければならない」と強調した。 

NPTの徹底を重視してきた日本政府に対しても、「整合性の説明を求めずに、手放しで喜ぶのは理解に苦しむ」と苦言を呈した。 

北大西洋条約機構(NATO)加盟国のノルウェーやイタリアの国会が、昨年七月に国連で採択された核兵器禁止条約への参加可否の調査を始めたことを紹介。米国の核兵器で日本を守る核抑止政策を「安全神話」と批判し、日本の国会にも同様の調査を求めた。(大杉はるか)

|

« 「世界株価急落」超金融緩和のしっペ返し第1波が来た | Main | 原子力規制委員会が、市民らから情報公開請求を受け、開示した行政文書は原則としてホームページ(HP)に掲載すると自ら制度化しながら2015年9月以降の約二年半全ての開示文書の掲載を怠っていたことが解った »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「世界株価急落」超金融緩和のしっペ返し第1波が来た | Main | 原子力規制委員会が、市民らから情報公開請求を受け、開示した行政文書は原則としてホームページ(HP)に掲載すると自ら制度化しながら2015年9月以降の約二年半全ての開示文書の掲載を怠っていたことが解った »