« 夫婦の一方が亡くなった時配偶者の生活をどう守るのか法相の諮問機関である法制審議会の部会が民法の改正要綱案をまとめた。配偶者が亡くなった高齢者にとって住み慣れた住宅に住み続けられるかどうかは切実な問題 | Main | 財務省はこれまで国会で、学園との面談・交渉記録などを「廃棄した」と答弁してきたが財務省近畿財務局が学園との交渉について、役所内部で検討した詳細な文書を保管していたことが明らかになり開示される事になった »

自民党の小泉元首相は安倍首相が2020年までに憲法9条改正を目指していることについて、9条改正は野党と話し合って自然に3分の2が賛成するような環境が必要だとの認識を示した。

小泉元首相 9条改憲、野党協力なしでは困難


毎日新聞2018年1月17日

自民党の小泉純一郎元首相は17日、毎日新聞のインタビューに応じ、安倍晋三首相が2020年までに憲法9条改正を目指していることについて、「9条改正は、野党と話し合って自然に(衆参各院の)3分の2が賛成するような環境が必要だ。

強引にやると失敗する。(現時点では野党を巻き込んでいける状況では)ない」と述べ、野党との協力が重要で、それが見られない現状では実現は困難だとの認識を示した。

また安倍氏の党総裁3選について「まだわからない。(安倍氏本人も出馬か否か)間際まで見て決めると言っている。選挙だけは直前にならないとわからない。私だって総裁選で2回負け、3度目もダメだと言われたが勝った」と述べた。

先に自身が発表した原発ゼロ法案に関連して、「議員立法が自民党の反対で通らないのはわかっているが、国会で議論すれば、原発推進派が安全性、コスト面で言っていたことがウソとわかる。

国民の根強い反原発の声をさらに喚起できれば、次の参院選で争点化できる。そうなると自民党もうかうかしていられなくなる」と語り、19年の参院選を一つのターゲットに、反原発の国民運動を推進していく考えを示した。


|

« 夫婦の一方が亡くなった時配偶者の生活をどう守るのか法相の諮問機関である法制審議会の部会が民法の改正要綱案をまとめた。配偶者が亡くなった高齢者にとって住み慣れた住宅に住み続けられるかどうかは切実な問題 | Main | 財務省はこれまで国会で、学園との面談・交渉記録などを「廃棄した」と答弁してきたが財務省近畿財務局が学園との交渉について、役所内部で検討した詳細な文書を保管していたことが明らかになり開示される事になった »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 夫婦の一方が亡くなった時配偶者の生活をどう守るのか法相の諮問機関である法制審議会の部会が民法の改正要綱案をまとめた。配偶者が亡くなった高齢者にとって住み慣れた住宅に住み続けられるかどうかは切実な問題 | Main | 財務省はこれまで国会で、学園との面談・交渉記録などを「廃棄した」と答弁してきたが財務省近畿財務局が学園との交渉について、役所内部で検討した詳細な文書を保管していたことが明らかになり開示される事になった »