« 米国の安保戦略冷戦時代をほうふつとさせる力任せの姿勢は対立をあおり、世界が乱れるだけだ。地球温暖化対策の国際的な枠組みであるパリ協定からの離脱を表明したことで、米国は孤立した。 | Main | 加計学園の獣医学部新設計画について設置審の複数の委員が、「獣医学部新設の前提となる4条件を満たしていない」との認識を示した1人は「本来なら来年度も再度審査すべきだった時間切れになった」と語った »

地域の安全保障環境をにらみつつ、専守防衛を踏まえた防衛力をどう整備するか。目を引くのは陸上配備型迎撃ミサイルシステムイージス・アショアと航空自衛隊の戦闘機に搭載する長射程の巡航ミサイル3種類の導入だ。

防衛費の膨張と北朝鮮 軍事と外交のバランスを

毎日新聞2017年12月27日


地域の安全保障環境をにらみつつ、専守防衛を踏まえた防衛力をどう整備するか。不断の議論が必要だ。

2018年度予算案の防衛費は5兆1911億円となり、4年連続で過去最大を更新した。安倍政権が編成した13年度から6年連続の増額である。厳しい財政状況の中で防衛費を重視する姿勢が際立つ。

新たな装備調達で目を引くのは、陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」と、航空自衛隊の戦闘機に搭載する長射程の巡航ミサイル3種類の導入だ。

イージス・アショアは夏の概算要求で金額が明示されず、長距離巡航ミサイルは要求すらされていなかった。正式決定したのは政府案を決める直前という異例の経過だった。

背景には今夏以降、北朝鮮の核・ミサイル開発が急速に進み、朝鮮半島情勢が緊迫したことがある。

巡航ミサイルは当初、中国の海洋進出を念頭に離島防衛が目的だったが、北朝鮮に届く米国製の長距離巡航ミサイルも購入する。

導入は首相官邸の国家安全保障会議(NSC)が主導したという。北朝鮮に対する防衛力強化が、安倍政権の高いレベルで意思決定されたことを示すものだ。

軍事力の増強は世界的な傾向だ。米国は国防費を約1割増額し、米国を除く北大西洋条約機構(NATO)も3年連続の増額だ。中国は1兆元(約17兆円)の大台を突破した。

危惧するのは、軍事力に頼るあまり外交力がかすんでしまうことだ。

北朝鮮が核兵器搭載の大陸間弾道ミサイル(ICBM)を配備すれば米朝間の対立は深刻になる。

その前にどう手を打つか。軍事力だけでは無理がある。米国は圧力路線を強めつつ、対話もうかがっている。中国に石油禁輸を求めるのは北朝鮮を対話に引き出す狙いからだ。

安倍晋三首相は北朝鮮情勢を「国難」と位置付け、「防衛力を質的、量的に拡充する」と言うが、外交的解決に導く戦略は語ろうとしない。

防衛力の増強にあたっては、国民に十分な説明が必要だ。軍拡競争が加速すれば、地域の緊張が高まるだけでなく財政負担も重くなる。

防衛費の合理化は当然だが、軍事と外交のバランスこそが重要だ。来年通常国会で大きな論点となろう。

|

« 米国の安保戦略冷戦時代をほうふつとさせる力任せの姿勢は対立をあおり、世界が乱れるだけだ。地球温暖化対策の国際的な枠組みであるパリ協定からの離脱を表明したことで、米国は孤立した。 | Main | 加計学園の獣医学部新設計画について設置審の複数の委員が、「獣医学部新設の前提となる4条件を満たしていない」との認識を示した1人は「本来なら来年度も再度審査すべきだった時間切れになった」と語った »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 米国の安保戦略冷戦時代をほうふつとさせる力任せの姿勢は対立をあおり、世界が乱れるだけだ。地球温暖化対策の国際的な枠組みであるパリ協定からの離脱を表明したことで、米国は孤立した。 | Main | 加計学園の獣医学部新設計画について設置審の複数の委員が、「獣医学部新設の前提となる4条件を満たしていない」との認識を示した1人は「本来なら来年度も再度審査すべきだった時間切れになった」と語った »