« 温暖化対策の面から見れば、石炭火力も原子力も、すでに“終わったエネルギー”なのである。気候変動問題の国際会議また一歩、脱炭素に近づいた。変わってしまった米国、変われない日本を置いて。 | Main | 検査院の役割は公金の無駄遣いや事業の有効性効率性を判断することにある。検査を依頼して報告書を受け取った国会において核心部分の解明が進められるべきだろう。 »

広島県福山、府中両市の障害者就労継続支援A型事業所2カ所を利用する障害者112人全員が解雇された社会保険料納付について問われた山下代表理事が「滞納があるのは事実」と認めた。

障害者解雇:福山市説明会 利用者ら憤り「突然だ」



2017年11月19日 毎日新聞

 

広島県福山、府中両市の障害者就労継続支援A型事業所2カ所を利用する障害者112人全員が解雇された問題で、福山市の利用者向け説明会が17日夜、県福山庁舎で開かれ、利用者や家族ら約120人が詰めかけた。



事業所を運営する一般社団法人「しあわせの庭」(福山市曙町)の山下昌明代表理事も出席し、経緯や今後の対応などを説明。参加者からは「突然の解雇はひどい。今後どうしたらよいのか」「市が情報を出すのが遅い」など、怒りや不安、行政への不満が噴出した。

 

説明会で山下代表理事は「多大なご迷惑をかけた」と陳謝し、「事業が低迷し赤字が膨らんだ。事業継続の道を探ったが資金調達ができなかった」と説明。代理人弁護士が、17日付での2事業所閉鎖と近日中の自己破産申し立て、未払い賃金の8割は補償されることなどを報告した。 

就労継続支援A型事業所は、障害者総合支援法に基づき、利用者と労働契約を結んで最低賃金以上を支払う。福山、府中市の2事業所はそれぞれ、パンの製造販売や食品包装加工などをしていた。 

質疑応答では、社会保険料納付について問われた山下代表理事が「滞納があるのは事実」と認めると、会場には「給与から天引きしているのに、詐欺だ」「ちゃんと保険を受けられるのか」などと怒号が飛んだ。9月から利用を始めたという知的障害者の家族は「ハローワークの求人を見て利用したが、(事業が低迷していたなら)なぜ9月に求人が出ていたのか、不思議だ」と指摘。

法人が10月、市に経営継続が困難と報告し、市と県が10月と11月に障害者総合支援法に基づき勧告を出したことが11月16日になって明らかになったことについても「行政がなぜもっと早く情報を出さなかったのか。不信感を感じる」と訴えた。説明会は約2時間で、質疑は途中で打ち切られた。 

50代の男性利用者は「対応に怒りを感じる。生活するために新しい職を探すほかない」。別の男性利用者(33)は「突然解雇され、本当に困る。未払い賃金もうやむやにされるのではと心配」と不安の表情を浮かべていた。

|

« 温暖化対策の面から見れば、石炭火力も原子力も、すでに“終わったエネルギー”なのである。気候変動問題の国際会議また一歩、脱炭素に近づいた。変わってしまった米国、変われない日本を置いて。 | Main | 検査院の役割は公金の無駄遣いや事業の有効性効率性を判断することにある。検査を依頼して報告書を受け取った国会において核心部分の解明が進められるべきだろう。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 温暖化対策の面から見れば、石炭火力も原子力も、すでに“終わったエネルギー”なのである。気候変動問題の国際会議また一歩、脱炭素に近づいた。変わってしまった米国、変われない日本を置いて。 | Main | 検査院の役割は公金の無駄遣いや事業の有効性効率性を判断することにある。検査を依頼して報告書を受け取った国会において核心部分の解明が進められるべきだろう。 »