« 安倍政権が継続 首相は謙虚に、丁寧に | Main | 突然の衆院解散総選挙による大きな変化は民進党が分裂したことです。野党勢力が散らばっていては巨大与党に対抗できません。実際野党統一候補と自民候補の戦いは野党が勝利しています。今後勢力再結集に向けて知恵を絞り精力的に汗をかくべきです。 »

<衆院選>無党派層が立憲後押し 出口分析

<衆院選>無党派層が立憲後押し 出口分析
毎日新聞2017年10月23日

共同通信社が22日に実施した衆院選の出口調査によると、「支持政党はない」と答えた無党派層が比例代表の投票先に挙げたのは「立憲民主党」が31%で最も多かった。共産、社民両党を加えると43%になり、「3極」構図が注目された今回の選挙で、無党派層は「立・共・社」の枠組みを支持したことが分かる。

主な政党支持率は、自民36%▽立憲14%▽希望12%▽公明5%▽共産5%▽維新4%--など。無党派層は19%で、自民支持層に次いで多かった。

無党派層の立憲以外の主な投票先は、自民21%▽希望18%▽共産10%▽維新9%▽公明6%▽社民2%--だった。「自・公」は27%、「希・維」は26%で、「立・共・社」と差がついた。

2014年の前回衆院選時の調査では、無党派層の投票先は自民21%、公明7%で、今回とほぼ変わらない。一方、前回は民主(当時)が21%だったのに対し、立憲と希望は今回、計49%。その分、投票先として共産と維新が減った形だ。

各党支持層とも8~9割が比例代表で支持政党に投票したと答え、他党には大きく流れなかったようだ。

調査では、安倍晋三首相を信頼しているかどうかも尋ねた。「信頼していない」は51%で、「信頼している」の44%より多かった。

「信頼していない」と答えた人の比例代表の投票先は、立憲36%▽希望24%▽共産14%▽自民10%--などの順。「首相は信頼していないが比例代表は自民」という投票行動は少数派だった。

逆に「信頼している」と答えた人の比例代表投票先は自民が64%に上り、公明の13%を加えて与党で8割近くを占めた。

|

« 安倍政権が継続 首相は謙虚に、丁寧に | Main | 突然の衆院解散総選挙による大きな変化は民進党が分裂したことです。野党勢力が散らばっていては巨大与党に対抗できません。実際野党統一候補と自民候補の戦いは野党が勝利しています。今後勢力再結集に向けて知恵を絞り精力的に汗をかくべきです。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 安倍政権が継続 首相は謙虚に、丁寧に | Main | 突然の衆院解散総選挙による大きな変化は民進党が分裂したことです。野党勢力が散らばっていては巨大与党に対抗できません。実際野党統一候補と自民候補の戦いは野党が勝利しています。今後勢力再結集に向けて知恵を絞り精力的に汗をかくべきです。 »