« 終戦の日を前に 9条の理念守るために | Main | 現場はぎりぎり」家畜往診の獣医師 ペット診療は飽和 偏在がひずみ生む »

天皇陛下「深い反省」 戦没者追悼式

天皇陛下「深い反省」 戦没者追悼式

東京新聞2017年8月16日

 
終戦から七十二年を迎えた十五日、政府主催の「全国戦没者追悼式」が日本武道館(東京都千代田区)で開かれ、全国から集まった約五千人の戦没者遺族らが、先の大戦で犠牲になった約三百十万人を悼み、平和への誓いを新たにした。
 
天皇陛下は皇后さまと共に参列、お言葉で「深い反省」という表現を三年連続で使い、不戦への強い思いを述べられた。退位を実現する特例法が六月に成立し、節目の参列となった。
 
安倍晋三首相は式辞で「戦争の惨禍を、二度と繰り返してはならない」と述べたものの、歴代首相が盛り込んできたアジアへの「加害と反省」には五年連続で触れなかった。
 
厚生労働省によると、全国戦没者追悼式に参列予定の戦没者の子や孫ら戦後生まれの人は千三百三十九人で、初めて全体(五千二百二十五人)の四分の一を超えた。戦没者の妻はわずか六人で、世代交代が進む。

|

« 終戦の日を前に 9条の理念守るために | Main | 現場はぎりぎり」家畜往診の獣医師 ペット診療は飽和 偏在がひずみ生む »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 終戦の日を前に 9条の理念守るために | Main | 現場はぎりぎり」家畜往診の獣医師 ペット診療は飽和 偏在がひずみ生む »