« 池田 信夫・アゴラ研究所所長はアゴラに掲載した伊藤和子弁護士への誹謗は虚偽と認定され名誉毀損が確定しました、二審は賠償額が「倍増」114万円になり池田氏は上告を断念して刑か確定。 | Main | 南スーダンPKOの日報を廃棄したとしながら陸上自衛隊が保管していた問題で稲田防衛相が二月に行われた防衛省最高幹部による会議で保管の事実を非公表とするとの方針を幹部から伝えられ了承していたことが分かった。 »

風知草 政権危機の深層=山田孝男

風知草 政権危機の深層=山田孝男

毎日新聞2017年7月17日 

加計(かけ)学園をめぐる来週の国会参考人招致は、政権への信頼が戻るか戻らぬかの分水嶺(ぶんすいれい)になろう。
 安倍晋三首相(62)と和泉洋人首相補佐官(64)が出席すればよいという話ではない。その日だけ、しおらしく見せればすむ--という話でもない。
 強気一辺倒の答弁で墓穴を掘った「全否定・門前払い」型の戦術をリセットしなければならない。
 政権の危機は、国民に対する率直さの欠如、世論との対話の途絶--に深く根差している。
和泉補佐官が突然、脚光を浴びたのは、政権の内部告発者である前川喜平・前文部科学次官(62)が、この人の重要性について証言したからである。
 前次官によれば、和泉は加計学園の獣医学部開設のため、新設を制限する文科省告示の変更を急がせ、こう言った。「総理は自分の口からは言えないから、私が代わって言う」
 前次官はこんな証言もした。行政がゆがめられた経緯については「和泉補佐官を中心に官邸の関与が推測される……」(10日、国会の参考人質疑)。
 和泉は国土交通省の技術官僚。官邸ホームページによれば、本省の住宅局長から内閣官房へ移り、2012年退官。第2次安倍政権発足直後の13年1月、首相補佐官に起用された。地方創生、健康・医療に関する成長戦略などを担当している--という。
 前次官の証言から浮かび上がるイメージは、首相が手兵を操り、加計学園による、むちゃな獣医学部開設の後押しをした--というものである。学園の理事長は首相の親友だ。
      ◇
 別の見方もある。
 加計学園獣医学部の進出先である愛媛県の加戸(かと)守行前知事(82)が、先週10日の国会参考人質疑や新聞のインタビュー(6月15、16日付「産経」など)で、こう証言している。
 「加計学園獣医学部の今治市誘致は05年以来の懸案だった。市は学園都市建設をめざし、県は、鳥インフルエンザや口蹄疫(こうていえき)など家畜感染症対策に取り組める人材がほしかった」
 「大学はどこでもよかったが、手を挙げたのは加計学園だけだった」
「獣医学部の定員は神奈川以東が8割、岐阜以西2割。日本獣医師会系の政治団体が自民党に献金し、学生を奪われぬよう、新設を阻む構造がある。安倍首相と加計の理事長が親しいとは知らなかった。陳情しても自民党は冷淡。民主党政権は前向きだった。民主党政権が続いていたら、騒ぎにもならず実現していたという実感がある」
 加戸は旧文部省(現文科省)の元官房長。「50年も新設を阻んだ行政こそゆがんでおり、今回の決定(加計の開設認可)でやっと正された」と見る。
      ◇
 前川と加戸。180度違う主張は政権内の二つの潮流に呼応する。国家戦略特区による獣医学部新設の容認派(官邸・内閣府)と反対派(文科省)だ。
 政府内調整で容認派が勝った。すると、文科省から過程の記録が流出。官邸が確認を拒んだ結果、記録の真贋(しんがん)論争に集中、背景の説明は吹っ飛んだ。
 何も伝えない記者会見と答えない答弁。テロ等準備罪法案の審議を思い出させる体たらくが、「お上(かみ)の事に間違いはあるまい」と見る穏健な保守層の不信までかき立てている。時事通信が調べた最新の内閣支持率29・9%。

|

« 池田 信夫・アゴラ研究所所長はアゴラに掲載した伊藤和子弁護士への誹謗は虚偽と認定され名誉毀損が確定しました、二審は賠償額が「倍増」114万円になり池田氏は上告を断念して刑か確定。 | Main | 南スーダンPKOの日報を廃棄したとしながら陸上自衛隊が保管していた問題で稲田防衛相が二月に行われた防衛省最高幹部による会議で保管の事実を非公表とするとの方針を幹部から伝えられ了承していたことが分かった。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 池田 信夫・アゴラ研究所所長はアゴラに掲載した伊藤和子弁護士への誹謗は虚偽と認定され名誉毀損が確定しました、二審は賠償額が「倍増」114万円になり池田氏は上告を断念して刑か確定。 | Main | 南スーダンPKOの日報を廃棄したとしながら陸上自衛隊が保管していた問題で稲田防衛相が二月に行われた防衛省最高幹部による会議で保管の事実を非公表とするとの方針を幹部から伝えられ了承していたことが分かった。 »