« 原発再稼働が“なし崩し”に進んでいますが、核のごみの最終処分地を政府は“有望地”すら示せていません。電力会社でつくる原子力発電環境整備機構は安全な容器に封じ込め、地盤の安定した地中に埋設-という処分方法は決まっていますが、肝心の処分地が決まらない中での再稼働は核のゴミを増やすだけです。 | Main | 「こんな人たちに皆さん、私たちは負けるわけにはいかない」。東京・秋葉原で1日、安倍晋三首相が今回の東京都議選を通じて唯一行った街頭演説。「帰れ」「辞めろ」コールを浴びた首相はこう言い放った。恐らく戦後政治史に残るであろう「秋葉原演説」。あの光景が浮き彫りにしたものは何か。 »

加計問題 地域限定条件をWGで議論せず 民進「経過不透明」

加計問題 地域限定条件をWGで議論せず 民進「経過不透明」

東京新聞2017年7月13日

 
政府の国家戦略特区制度を活用した学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)の獣医学部新設計画を巡り、特区を担当する内閣府の塩見英之参事官は十二日の民進党調査チームの会合で、昨年十一月九日の特区諮問会議で示された「広域的に存在しない地域に限る」との新設条件について、特区ワーキンググループ(WG)の場で正式に議論したことがないと明らかにした。
 
民進党の玉木雄一郎氏は「非公式な場で決めており、極めて不透明。プロセスを明確にしなければ、規制緩和の名を借りた利益誘導と言われても仕方ない」と批判した。
 
獣医学部新設には昨年十一月当時、愛媛県今治市を予定地とする加計学園のほか、京都府を想定した京都産業大も名乗りを上げていた。四国に獣医系学部・学科を持つ大学はなく、地域限定の条件が加計学園に有利に働いたとの指摘がある。玉木氏は、この条件や二〇一五年六月の「日本再興戦略」に獣医学部新設の前提として示された四条件の策定過程で、WGがどう関わったか質問。塩見参事官は「WGの場ではないが、委員に意見を聞いて了解を得た上で話を進めた」と答えた。

|

« 原発再稼働が“なし崩し”に進んでいますが、核のごみの最終処分地を政府は“有望地”すら示せていません。電力会社でつくる原子力発電環境整備機構は安全な容器に封じ込め、地盤の安定した地中に埋設-という処分方法は決まっていますが、肝心の処分地が決まらない中での再稼働は核のゴミを増やすだけです。 | Main | 「こんな人たちに皆さん、私たちは負けるわけにはいかない」。東京・秋葉原で1日、安倍晋三首相が今回の東京都議選を通じて唯一行った街頭演説。「帰れ」「辞めろ」コールを浴びた首相はこう言い放った。恐らく戦後政治史に残るであろう「秋葉原演説」。あの光景が浮き彫りにしたものは何か。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 原発再稼働が“なし崩し”に進んでいますが、核のごみの最終処分地を政府は“有望地”すら示せていません。電力会社でつくる原子力発電環境整備機構は安全な容器に封じ込め、地盤の安定した地中に埋設-という処分方法は決まっていますが、肝心の処分地が決まらない中での再稼働は核のゴミを増やすだけです。 | Main | 「こんな人たちに皆さん、私たちは負けるわけにはいかない」。東京・秋葉原で1日、安倍晋三首相が今回の東京都議選を通じて唯一行った街頭演説。「帰れ」「辞めろ」コールを浴びた首相はこう言い放った。恐らく戦後政治史に残るであろう「秋葉原演説」。あの光景が浮き彫りにしたものは何か。 »