« 天皇退位法案の付帯決議 自民は皇族減少の直視を | Main | 加計学園の獣医学部新設計画で文部科学省内で共有したとみられるメールの写しが新たに見つかり文科省専門教育課の係長が「昨日の概要を共有しますと省内の十人余に送付したものでした。それに対して常盤豊文科省高等教育局長は同姓同名の職員は実際いるという答弁には呆れます。 »

米NSAが極秘の情報監視システムを日本側に供与していたことをエドワード・スノーデン元職員が強調しました。日本政府が個人のメールや通話などの大量監視を行える状態にあることを指摘しています。

米NSAが極秘の情報監視システムを日本側に供与していたことをエドワード・スノーデン元職員が強調しました。日本政府が個人のメールや通話などの大量監視を行える状態にあることを指摘しています。

元職員は、参院で審議中の「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正案が、個人情報の大規模収集を公認することになると警鐘を鳴らしました。


「共謀罪で監視が日常に」 元CIAのスノーデン氏が警鐘


東京新聞2017年6月2日
 

米国家安全保障局(NSA)による大規模な個人情報収集を告発し、ロシアに亡命中の米中央情報局(CIA)のエドワード・スノーデン元職員(33)が一日までにモスクワで共同通信と単独会見した。元職員は持ち出して暴露した文書は全て「本物」と述べ、NSAが極秘の情報監視システムを日本側に供与していたことを強調した。
 

日本政府が個人のメールや通話などの大量監視を行える状態にあることを指摘する証言。元職員は、参院で審議中の「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正案が、個人情報の大規模収集を公認することになると警鐘を鳴らした。
 

元職員によると、NSAは「XKEYSCORE(エックスキースコア)」と呼ばれるメールや通話などの大規模監視システムを日本側に供与。同システムは、国内だけでなく世界中のほぼ全ての通信情報を収集できる。米ネットメディア「インターセプト」は四月、元職員の暴露文書として、日本に供与した「エックスキースコア」を使って、NSA要員が日本での訓練実施を上層部に求めた二〇一三年四月八日付の文書を公開した。
 

元職員は共謀罪について「日本における(一般人も対象とする)大量監視の始まり。日本にこれまで存在していなかった監視文化が日常のものになる」と指摘。法案に懸念を表明した国連特別報告者に「同意する」と述べた。

|

« 天皇退位法案の付帯決議 自民は皇族減少の直視を | Main | 加計学園の獣医学部新設計画で文部科学省内で共有したとみられるメールの写しが新たに見つかり文科省専門教育課の係長が「昨日の概要を共有しますと省内の十人余に送付したものでした。それに対して常盤豊文科省高等教育局長は同姓同名の職員は実際いるという答弁には呆れます。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 天皇退位法案の付帯決議 自民は皇族減少の直視を | Main | 加計学園の獣医学部新設計画で文部科学省内で共有したとみられるメールの写しが新たに見つかり文科省専門教育課の係長が「昨日の概要を共有しますと省内の十人余に送付したものでした。それに対して常盤豊文科省高等教育局長は同姓同名の職員は実際いるという答弁には呆れます。 »