« 廃炉時代、いばらの道 原発「40年ルール」9基並行作業 | Main | <「共謀罪」論戦検証>国会 異論かき消す「一強」 »

石破茂前 地方創生 担当相が大臣時代に示していた、『獣医学部の新設には、既存の獣医師養成ではない構想が具体化など4条件』を満たしていれば、それが加計学園に決まっても何の問題もないはずです。

石破茂前 地方創生 担当相が大臣時代に示していた、『獣医学部の新設には、既存の獣医師養成ではない構想が具体化など4条件』を満たしていれば、それが加計学園に決まっても何の問題もないはずです。

石破氏、首相表明に疑問 「獣医師の処遇改善優先を」
06/26 共同通信
 
石破茂前 地方創生 担当相は26日、政府の 国家戦略特区 制度を活用した獣医学部新設計画を巡り、安倍晋三首相が「全国展開を目指したい」と表明したことに対し、「(家畜を診る)産業用獣医師などの処遇を改善する方が、公費の使い道としてはいいのではないか」と疑問を呈した。共同通信の取材に答えた。
 
首相は24日、神戸市での講演で、学校法人「加計学園」( 岡山市 )の新設に限らず「2校でも3校でも、意欲があるところにはどんどん新設を認める」と主張した。
 
石破氏は「なぜ突然表明されたのか。『加計だけ特別に配慮している』と言われたくないからだろう」と指摘した。企業の農地保有が認められた他の特区事例の全国展開には理解を示した上で「獣医師が増えると何が起きるのか。全国展開の質が異なる」と強調した。
 
獣医学部の新設には、既存の獣医師養成ではない構想が具体化など4条件を満たす必要があり、石破氏はこの規定を定めた際の担当相だった。
 
加計学園が4条件をクリアしているかどうかについて、石破氏は「私が分からないぐらいだ。(政府は)きちんと説明すべきだ」と話した。

|

« 廃炉時代、いばらの道 原発「40年ルール」9基並行作業 | Main | <「共謀罪」論戦検証>国会 異論かき消す「一強」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 廃炉時代、いばらの道 原発「40年ルール」9基並行作業 | Main | <「共謀罪」論戦検証>国会 異論かき消す「一強」 »