« 二年前に閣議決定された日本再興戦略では、生命科学などの新分野の獣医師が求められ、既存の獣医学部では間に合わない場合に限り、獣医師の需要の動きを考えて新設を検討するとなっていました。しかし、どんな獣医師がどの程度必要なのか見通しすら示されないまま、加計学園を前提とした「暗黙の共通理解」のもとで物事が運んだようです。 | Main | 前川前事務次官の勇気ある告発と菅官房長官の異様な反応。官僚の中にも硬骨漢がいることを久々に見せてくれた。一方、この文書を「怪文書」ときめつけた菅官房長官の方は異様な対応を見せた。ー(田中良紹氏) »

安倍政権崩壊寸前。今怒らなくてどうする。加計学園の疑惑は、“政権の公私混同”である。政権を握れば、何をしても許されるのだと言わんばかりだ。これは、近代国家では許されないことだ。永田町徒然草白川勝彦

安倍政権崩壊寸前。今怒らなくてどうする。

永田町徒然草白川勝彦17年05月27日

私は、いろいろな政権交代を見てきた。いま、安倍政権は最大の危機にある。肝心の安倍首相は、その危機感が無いようである。安倍首相がそうであるから、菅官房長官や二階自民党幹事長にもその危機感がない。ましてや、安倍首相の取巻きに危機感など、全く無いようだ。こうしたことが、安倍政権崩壊の危機を深めている。そこが、一番のチャンスなのだ。野党各党は、こうした認識をもって、来週から攻めなければならない。安倍政権が崩壊寸前であることだけは、間違いない。

私がこう断じる理由は、加計学園問題の疑惑噴出である。安倍首相も与党も、今治市における加計学園の獣医学部の新設に安倍首相が全く関与していないという前提で、これまで対処してきた。しかし、この前提にそもそも無理があるのだ。国家戦略特区の最高責任者は、その議長である安倍首相その人なのである。その安倍首相と加計学園の理事長は、“腹心の友”だという。そして、この前後も頻繁に会っていたのだ。安倍首相が先頭に立って、問題の獣医学部の新設をしようとしていたのは、そんなに想像に難くない。

こんなことは、普通の国民の常識から考えて、明らかな事ではないか。“総理”とか“官邸のトップレベル”の意向であることを示した文書の有無や信用性が問題となり、文部科学省大臣は調査したという。そして、「その存在は確認できなかった」と回答した。菅官房長官は、“怪文書の類”と切って捨てたが、そんな回答はそもそも無理なのである。余程慌てたからなのだ。

トランプ大統領は、“ロシア・ゲイト”問題で責められている。安倍首相の方も、加計学園と森友学園の疑惑で、本当は満身創痍なのだ。それにもかかわらず、相変わらず有頂天でいられるのは、マスコミと国民世論が追及しないからである。安倍政権が誕生してから、彼がいちばん力を注いできたのは、“マスコミの懐柔”であった。

しかし、それにも限度というものがある。森友学園問題では、「3メートル以下には、有害な埋設物がそもそもない」いう文書が出てきた。埋設物除去に関与した建設業者は、死亡している。今度は、前文部科学省次官が今治市における獣医学部新設に、そもそも文部行政上の問題がある旨を表明した。それでも安倍首相は、これを遮二無二(しゃにむに)推進しようとしているのだ。

そもそも、森友学園や加計学園の疑惑は、質(たち)が悪い。森友学園疑惑の最大の問題点は、国有地の法外な価格による払い下げと考えられているが、私は、わが国の政権が世界で稀にみる“右翼反動政権”であることを世界に露呈したことであると思っている。このことは、永田町徒然草No.1901「枝葉末節に惑わされずに、疑惑の本質的な要件事実をまず押さえよう」で述べているので、ぜひもう一度読んで貰いたい。

加計学園の疑惑は、“政権の公私混同”である。これまでにも、収賄罪事件は沢山あった。収賄罪事件に至らなくとも、問題になった許認可権の乱用も沢山あった。しかし、今回は次元を異としている。総理大臣自らが、政治そのものをおかしくしているのだ。政権を握れば、何をしても許されるのだと言わんばかりだ。これは、近代国家では許されないことだ。何が「“法の支配”という価値観」を大切にしている国だというのだ。

もう一度、繰り返す。「ものには、限度というものがある。」いまは、そういう時である。野党に、マスコミ関係者に、そして心ある国民に、私は言いたい。いまは、本気で怒らなければならない。ここで怒りの声を上げなければ、本当におかしな国になってしまうぞ。暫らくツイッター程度のコメントしか書かなかったが、私の怒りの永田町徒然草を、久々にupdateした。ぜひ、拡散をお願いしたい。

それでは、また。

|

« 二年前に閣議決定された日本再興戦略では、生命科学などの新分野の獣医師が求められ、既存の獣医学部では間に合わない場合に限り、獣医師の需要の動きを考えて新設を検討するとなっていました。しかし、どんな獣医師がどの程度必要なのか見通しすら示されないまま、加計学園を前提とした「暗黙の共通理解」のもとで物事が運んだようです。 | Main | 前川前事務次官の勇気ある告発と菅官房長官の異様な反応。官僚の中にも硬骨漢がいることを久々に見せてくれた。一方、この文書を「怪文書」ときめつけた菅官房長官の方は異様な対応を見せた。ー(田中良紹氏) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 二年前に閣議決定された日本再興戦略では、生命科学などの新分野の獣医師が求められ、既存の獣医学部では間に合わない場合に限り、獣医師の需要の動きを考えて新設を検討するとなっていました。しかし、どんな獣医師がどの程度必要なのか見通しすら示されないまま、加計学園を前提とした「暗黙の共通理解」のもとで物事が運んだようです。 | Main | 前川前事務次官の勇気ある告発と菅官房長官の異様な反応。官僚の中にも硬骨漢がいることを久々に見せてくれた。一方、この文書を「怪文書」ときめつけた菅官房長官の方は異様な対応を見せた。ー(田中良紹氏) »