« 前川前事務次官の勇気ある告発と菅官房長官の異様な反応。官僚の中にも硬骨漢がいることを久々に見せてくれた。一方、この文書を「怪文書」ときめつけた菅官房長官の方は異様な対応を見せた。ー(田中良紹氏) | Main | 金田法相は環境や人権の保護を掲げる団体でも実態が組織的犯罪集団と認められれば構成員が処罰対象になる可能性があると認めました。組織的犯罪集団かどうかを判断するのはあくまでも捜査機関です。政府などに批判的な団体が認定される可能性がより高まりました。 »

安倍首相は改憲のビデオメッセ-ジで首相と党総裁を使い分けていますがビデオメッセージは純粋に党総裁としての発言とは言い切れません、なぜなら改憲派の集会に送ったこのビデオを首相の住まいである公邸で収録しているからです。

安倍首相は改憲のビデオメッセ-ジで首相と党総裁を使い分けていますがビデオメッセージは純粋に党総裁としての発言とは言い切れません、なぜなら改憲派の集会に送ったこのビデオを首相の住まいである公邸で収録しているからです。


首相と党総裁の使い分け


(東京新聞)2017年5月29日
 

安倍晋三首相は、自民党総裁でもある。生身の人間を切り分けることはできないが、立場は時に切り替えることができる。あるときは首相として、あるときは党総裁として。
 

歴代の首相は二つの立場を比較的、厳密に使い分けていたように思う。選挙の候補者に公認証を手渡すときは首相官邸を使わず、必ず党本部か国会に赴いた。選挙は首相の仕事ではなく、党総裁の仕事だからである。
 

なぜ、このような話を持ち出したかというと、安倍氏が今月三日、「改憲派」の集会に寄せたビデオメッセージで憲法九条の一項と二項を残しつつ、自衛隊の存在を明文で書き込む、などの改憲案を言い出したからだ。
 

国会で真意をただす野党議員の質問に、安倍氏は「首相としてこの場に立っている。自民党総裁として一政党の考えを披歴すべきではない」と答弁を拒んだ。憲法改正の発議権は国会にあり、首相の立場で改正に言及すれば憲法尊重・擁護義務に反するためだろう。
 

しかし、このビデオメッセージは純粋に党総裁としての発言とは言い切れない要素がある。なぜなら、首相はこのビデオを「首相の住まい」である公邸で収録しているからだ。
 

安倍氏が党総裁として憲法改正に言及するのなら、ビデオの収録も党本部の総裁室で行うべきではなかったか。立場の使い分けに厳密さを欠いている。そのことはもっと厳しく追及されてもいい。 

|

« 前川前事務次官の勇気ある告発と菅官房長官の異様な反応。官僚の中にも硬骨漢がいることを久々に見せてくれた。一方、この文書を「怪文書」ときめつけた菅官房長官の方は異様な対応を見せた。ー(田中良紹氏) | Main | 金田法相は環境や人権の保護を掲げる団体でも実態が組織的犯罪集団と認められれば構成員が処罰対象になる可能性があると認めました。組織的犯罪集団かどうかを判断するのはあくまでも捜査機関です。政府などに批判的な団体が認定される可能性がより高まりました。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 前川前事務次官の勇気ある告発と菅官房長官の異様な反応。官僚の中にも硬骨漢がいることを久々に見せてくれた。一方、この文書を「怪文書」ときめつけた菅官房長官の方は異様な対応を見せた。ー(田中良紹氏) | Main | 金田法相は環境や人権の保護を掲げる団体でも実態が組織的犯罪集団と認められれば構成員が処罰対象になる可能性があると認めました。組織的犯罪集団かどうかを判断するのはあくまでも捜査機関です。政府などに批判的な団体が認定される可能性がより高まりました。 »