« 一定所得以上の利用者負担引き上げを盛り込んだ介護保険法の改正案が衆院を通過し、今国会で成立する見通しになりました。消費税増税と社会保障の一体改革は何処に行ったのでしょうか。保険あってサービスなし」の事態が懸念されます。 | Main | 日本郵政が2017年3月期決算で最大4000億円規模の損失を計上する見通しとなりましたが、東芝と違ってその責任を追及する声が全く聞こえてきません。 »

天皇退位報告書で有識者会議の報告書では、皇族の減少対策について、国民各層で議論の深まりを期待すると言及するにとどまりました。これはあまりにも消極的すぎる報告書です。退位について皇室典範を改正せず、「一代限りの特例法」では今上天皇陛下の御意志と全く違うものです。

天皇退位報告書で有識者会議の報告書では、皇族の減少対策について、国民各層で議論の深まりを期待すると言及するにとどまりました。これはあまりにも消極的すぎる報告書です。退位について皇室典範を改正せず、「一代限りの特例法」では今上天皇陛下の御意志と全く違うものです。

天皇退位報告書 国民の総意に基づいて

(東京新聞)2017年4月22日

退位した天皇陛下は「上皇」-。有識者会議の最終報告書がまとまった。前提は一代限りの特例法で行うことだ。皇族の減少対策や女性宮家創設など根本問題は残る。もっと深い議論が必要だ。
 
報告書は退位後の称号や活動の在り方などをまとめたものだ。陛下は昨年八月に高齢に伴う象徴天皇として公務に対する不安を述べられた。それを契機に政府は有識者会議を設けた。退位については皇室典範を改正する方法もあったが、早々と「一代限りの特例法」での議論が進んだ。最初から結論ありきかと思わせた。
 
一方、陛下が訴えられた退位は決して「一代限り」の問題ではありえない。高齢化は皇族内でも進み、誰でも国事行為のみならず、「象徴としての公的行為」がままならなくなる事態は起こりうる。だから、未来にも通じる天皇の退位のルールをつくることが最も求められていたのではなかったろうか。恒久制度化である。国民の中にもそう望む声は少なくない。
 
だが、恒久制度化についてはほとんど顧みられることなく、特例法ばかり論じられた。五月の連休明けに退位特例法案が提出される予定になっている。
 この点について衆参の正副議長見解では「将来の天皇の退位の先例となり得る」と示していた。制度化につながるものだったが、与党が示した法案骨子ではばっさり削られていた。
 
憲法一条は象徴天皇制を定めている。その地位は国民の総意に基づくとしている。大事な条文だ。だから、退位については、もっと明確にすべきであると考える。
 
有識者会議の報告書では、皇族の減少対策について、国民各層で議論の深まりを期待すると言及するにとどまった。あまりに消極的にすぎないか。
 
陛下の孫の世代にあたる皇族は四人だけで、そのうち三人は女性である。秋篠宮さまを「皇嗣(こうし)殿下」とするが、その次はもう陛下の孫の世代になる。遠い未来の話なのではない。結論を先延ばしにすればするほど、ややこしく難しくなる問題でもある。
 
旧民主党政権下で論点整理まで行いながら、政権交代によって、この問題は放置されてしまった。安定的に皇位を継承するにはどうしたらいいか。
 
女性宮家の創設や男系に限られている皇位継承の在り方についても議論を続けねばならないはずだ。国民の総意のかたちで結論を出したいテーマである。

|

« 一定所得以上の利用者負担引き上げを盛り込んだ介護保険法の改正案が衆院を通過し、今国会で成立する見通しになりました。消費税増税と社会保障の一体改革は何処に行ったのでしょうか。保険あってサービスなし」の事態が懸念されます。 | Main | 日本郵政が2017年3月期決算で最大4000億円規模の損失を計上する見通しとなりましたが、東芝と違ってその責任を追及する声が全く聞こえてきません。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 一定所得以上の利用者負担引き上げを盛り込んだ介護保険法の改正案が衆院を通過し、今国会で成立する見通しになりました。消費税増税と社会保障の一体改革は何処に行ったのでしょうか。保険あってサービスなし」の事態が懸念されます。 | Main | 日本郵政が2017年3月期決算で最大4000億円規模の損失を計上する見通しとなりましたが、東芝と違ってその責任を追及する声が全く聞こえてきません。 »