« トランプ政権がいくらアメ車を買えと言っても、大半が右ハンドルのドイツ車と違い、左ハンドルのアメ車の今のレベルでは外車はドイツ車という事に成るでしょう。(趣味でアメ車を買う人は別ですが) | Main | 産経新聞は教育勅語の理念読み取る力こそ育めと言っていますが、産経は一部分を切り取って、理念を読み取れと言っています。この新聞は捏造記事を何回も流して、訴訟で負けている新聞です。教育勅語の本当の趣旨を読み取れない新聞です。 »

ポテトチップス販売休止相次ぐ 北海道産ジャガイモ不足で というニュ-スが昨日NHKから流れましたが、このことは昨年の台風被害の時から言われていたことです。何故今頃ニュ-スとして、全国に流れるのでしょうか。

ポテトチップス販売休止相次ぐ 北海道産ジャガイモ不足で というニュ-スが昨日NHKから流れましたが、このことは昨年の台風被害の時から言われていたことです。何故今頃ニュ-スとして、全国に流れるのでしょうか。


この中でスパ-で売る一般のジャガイモに回すためにポテトチップスの販売を休止したと報じられていました。

北海道のJRを切り捨て過疎をどんどん加速させる日本政府はTPPでも北海道を破壊しようとしました。日本の食糧貯蔵庫(自給率190%)北海道を切り捨てるような真似すれば、災害が起こればこのような非常時に陥ります。

ジャガイモだけではなく色々な食料を生産している北海道を切り捨てれば、世界が凶作に陥った時このような状況が襲って来るという事を、日本政府は覚悟しているのでしょうか。

ポテトチップス販売休止相次ぐ 北海道産ジャガイモ不足で


日本経済新聞 2017/4/10

カルビーと湖池屋は10日、北海道産のジャガイモを原料とした一部の商品の販売を休止することを明らかにした。昨夏の台風の被害を受けて北海道産ジャガイモの収穫量が減少し、原料調達が困難になったためだ。両社とも原料に使うジャガイモの7~8割を北海道産に頼っている。販売再開のめどは立っておらず、菓子販売の現場に混乱が広がりそうだ。



カルビーは「ポテトチップス うすしお味」や「ピザポテト」など33品目の販売を休止する。22日以降の出荷を取りやめる。このうち一部品目については販売を終了する。販売再開の時期については未定という。同社は「昨年の台風の影響で当初計画より収穫量が下回った」と理由を説明した。今後は、定番商品を中心に生産を続けるとしている。

湖池屋も「ポテトチップス リッチコンソメ」や「頑固あげポテト」など16品の販売を休止したり終了したりする。当面は主力商品「ポテトチップス のり塩」や「カラムーチョ」などを集中的に生産する計画だ。 

同社は「九州産のジャガイモを調達して対応することも検討している」と話している。海外産ジャガイモには頼らず国産にこだわる方針だ。今回の販売休止による売り上げへの影響は明らかにしていない。 

北海道産のジャガイモは2016年6月の日照不足と長雨で生育が遅れた。同年8月に相次いだ台風の接近・上陸も重なり生育が大幅に悪化。主産地の十勝地方では畑が浸水し、土の中で腐るなどの被害が発生した。北海道農政事務所によると、16年産の出荷量は152万6千トンと前の年に比べて1割減った。 

北海道産は国内生産量の8割を占め、毎年9月から翌年の5月まで出回る。8月末から10月中旬にかけて収穫する。11月以降は倉庫で貯蔵したものを出荷している。今年は収穫量の落ち込みで例年なら5月まで残っている貯蔵品が4月中旬にはなくなる見通し。 

4月から出荷が本格化する鹿児島県産も降雨の影響で収穫作業に遅れが出ている。「平年に比べて出荷量が1割減っている」(JA鹿児島県経済連)。端境期のため、ジャガイモの出回りが減少している。東京都中央卸売市場では、北海道産が大半を占める3月下旬の平均卸値が1キロ221円と、過去5年平均に比べて5割高い。

( 北海道新聞2017/04/11)より引用

ポテチ生産一部休止 ジャガイモ産地・十勝に台風被害集中



ジャガイモ産地の十勝地方が昨年8月、台風被害に見舞われた影響で、加工用のジャガイモが不足し、大手菓子メーカーがポテトチップスの生産縮小に動いている。湖池屋(東京)は先月下旬に計16品目の生産を休止・終了させ、カルビー(同)は今月15日以降、計33品目で同様の措置を取る。台風被害以降、貯蔵原料の活用などで何とかしのいできたものの、原料不足の長期化で生産を主力商品に絞らざるを得ない状況に追い込まれた。

 

湖池屋は味やサイズなどで全44品目あったポテトチップスのうち、7品目の生産を打ち切り、9品目の販売を休止。生産を「ポテトチップス のり塩」など定番商品に集中させた。道内に全国の半数以上に当たる約千戸の契約農家があるカルビーは、今月15日で一部ポテトチップスと「堅あげポテト」の地域限定品など計18品目の販売をやめ、22日には170グラム入りなどの大容量商品を中心に15品目の販売を休止する。湖池屋、カルビーともに、休止商品の販売再開のめどは立っていないという。

 

いずれも道内からのジャガイモ仕入れが7割を占めており、台風被害後は貯蔵原料の活用や、新商品の発売延期などの対策を講じてきた。湖池屋は「100%国産を使用しており、現在の売れ行きや出荷状況から全品目の維持は困難となる可能性が出てきた」と今回の対応に至った理由を説明。カルビーは米国産などの調達強化にも動いたが、「(国の決まりで)輸入原料の使用は2~7月に限られる。5月以降は九州産が出荷されるが、不足を埋めるには至らない」と話す。

 

農林水産省によると、2016年の道産ジャガイモの収穫量(速報値)は171万5千トンで、前年より1割減。帯広市内で4ヘクタール分の加工用ジャガイモを生産し、全量をカルビー向けに出荷している農業丸子弘一さん(61)の16年の収穫量は3・5トン。例年に比べ2割減ったが、「今年は前年同様4ヘクタールを作付けしており、昨年の落ち込みをカバーできるぐらいの収穫量を目指したい」と話す。

 

ポテトチップスの生産に影響を与えているのは十勝の被害によるところが大きいとみられ、富良野の農業関係者は「地元の加工用ジャガイモの収穫量は前年比微減で台風の被害は受けていない」。ようてい農業協同組合(後志管内倶知安町)は「収穫は平年並み」だが、同管内のジャガイモは糖度が高くポテトチップスの加工には向かない品種だという。

 

今年の道内のジャガイモの生産についてホクレンは「収穫量は天候次第だが、作付面積はほぼ前年並みが見込まれる」(広報総合課)という。カルビーは「商品の販売終了は断腸の思い。休止商品の生産は道内や他県産の収穫状況を見ながら一刻も早く再開したい」(広報部)と話している。

|

« トランプ政権がいくらアメ車を買えと言っても、大半が右ハンドルのドイツ車と違い、左ハンドルのアメ車の今のレベルでは外車はドイツ車という事に成るでしょう。(趣味でアメ車を買う人は別ですが) | Main | 産経新聞は教育勅語の理念読み取る力こそ育めと言っていますが、産経は一部分を切り取って、理念を読み取れと言っています。この新聞は捏造記事を何回も流して、訴訟で負けている新聞です。教育勅語の本当の趣旨を読み取れない新聞です。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« トランプ政権がいくらアメ車を買えと言っても、大半が右ハンドルのドイツ車と違い、左ハンドルのアメ車の今のレベルでは外車はドイツ車という事に成るでしょう。(趣味でアメ車を買う人は別ですが) | Main | 産経新聞は教育勅語の理念読み取る力こそ育めと言っていますが、産経は一部分を切り取って、理念を読み取れと言っています。この新聞は捏造記事を何回も流して、訴訟で負けている新聞です。教育勅語の本当の趣旨を読み取れない新聞です。 »