« 日銀の総裁が公約した 物価目標 の達成時期はまたも先送りされた。物価が下がる中、追加 金融緩和 も見送った日銀に対し、市場関係者は「目標達成は困難」といらだちを強める。 | Main | 参院選、野党一本化で勝機 民主、共産連携に異論も »

もんじゅには既に1兆円の国費が投じられ、停止していても、維持費などで年間約200億円かります。それでも、政府は核燃サイクルの推進方針を堅持しています。

もんじゅには既に1兆円の国費が投じられ、停止していても、維持費などで年間約200億円かります。それでも、政府は核燃サイクルの推進方針を堅持し、もんじゅについては、役割をあいまいにしたまま延命を図ってきました。

 

核燃サイクルのもう一つの事業である使用済み核燃料の再処理工場も操業のめども立たないにもかかわらず、政府は国の関与を強めて支えることを検討しています。実現の見込みがなく、安全確保さえできない計画に、これ以上国民の税金を無駄に使う事は許されないはずですが、安倍政権はその事を全く無視して、原発ムラの維持を続けています。



もんじゅ勧告 速やかに廃炉の決断を

(北海道新聞)

 

原子力規制委員会 は、 日本原子力研究開発機構 が 高速増殖炉もんじゅ (福井県)を運転管理する適性に欠けると判断し、所管する馳浩文部科学相に運営主体の変更を勧告することを決めた。

 

新たな運営主体が明示されない場合、もんじゅの 廃炉 を含め検討するよう求める方針だ。もんじゅでは機器の点検漏れなど不祥事が相次いだにもかかわらず、一向に改善の兆しがない。規制委が発足後、初めて勧告権を行使するのは当然だ。

 

勧告に強制力はないが、規制委の許可なしでもんじゅは動かせない。機構に代わる受け皿を探すのは現実には困難だろう。政府は、もんじゅの廃炉を速やかに決断すべきだ。

 

高速増殖炉は、 使用済み核燃料 から プルトニウム を取り出し、再利用する核燃料サイクル 計画の中核施設である。計画が破綻した現実を直視し、核燃サイクルも白紙に戻さなければならない。

 

高速増殖炉は理論上、発電しながら消費した以上のプルトニウムを生み出すことから、「夢の原子炉」とも呼ばれた。もんじゅは研究開発段階の原型炉だが、ほとんど運転実績がない。1994年に初めて臨界 に達したものの、翌95年には冷却に使うナトリウム漏れ事故を起こした。

 

2010年にようやく運転を再開したが、直後のトラブルで停止したままになっている。1万件を超える機器の点検漏れも発覚し、13年には、規制委から事実上の運転禁止命令を受けた。その後も機構のミスは絶えず、20年以上も点検されていない重要機器があることも判明した。恐るべき事態と言うほかない。

 

機構の資質と危機意識の欠如は明白で、もはや組織改革といった小手先の対応では済まない。もんじゅには既に1兆円の国費が投じられ、停止していても、維持費などで年間約200億円かかる。それでも、政府は核燃サイクルの推進方針を堅持し、もんじゅについては、役割をあいまいにしたまま延命を図った。

 

サイクルのもう一つの要である使用済み核燃料の再処理工場(青森県)も操業のめどは立たないが、政府は国の関与を強めて支えることを検討している。  実現の見込みがなく、安全確保さえおぼつかない計画に、これ以上税金を使うのは許されない。

 

政府は核燃サイクルからの撤退に道筋をつけることにこそ知恵を絞るべきだ。


.


|

« 日銀の総裁が公約した 物価目標 の達成時期はまたも先送りされた。物価が下がる中、追加 金融緩和 も見送った日銀に対し、市場関係者は「目標達成は困難」といらだちを強める。 | Main | 参院選、野党一本化で勝機 民主、共産連携に異論も »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 日銀の総裁が公約した 物価目標 の達成時期はまたも先送りされた。物価が下がる中、追加 金融緩和 も見送った日銀に対し、市場関係者は「目標達成は困難」といらだちを強める。 | Main | 参院選、野党一本化で勝機 民主、共産連携に異論も »