« 自衛官志願2割減は安保関連法が影響していると言われました、また、07年度以降最少は国会でも議論されて来た事です。 | Main | 再稼働で増える 高レベル放射性廃棄物 を国は地下300mより深くに地層処分する方針を決めていますがその処分地が全く決まっていないなかで 川内原発 2号機が15日に再稼働し国内の原発回帰が進んでいます。 »

来夏の参院選の直前に不測の事態が起きれば政権への打撃が大きいと安全保障関連法で新たに自衛隊の任務に加わる「駆け付け警護」について、防衛省内で当初想定されていた来年5月からの実施に慎重論が強まっています

安全保障関連法で新たに自衛隊の任務に加わる「駆け付け警護」について、防衛省内で当初想定されていた来年5月からの実施に慎重論が強まっています。



事前準備や訓練に時間がかかることに加え、来夏の参院選の直前に不測の事態が起きれば政権への打撃が大きく、影響を回避したいとの本音ものぞきます。

南スーダンは事実上の内戦状態にあることもあり、別の同省幹部は「参院選までの間に治安情勢が大きく改善しない場合、実施は難しい」と漏らしますが、政府・与党は安全保障環境の変化を理由に、一刻を争うとして採決を強行したはずです。



自衛隊員の安全が本当に確保できるのか。もっと慎重に審議するべきだったことを、自ら証明しているようなものです。



「駆け付け警護」5月実施に慎重論 南スーダン、参院選後に先送りも

(10/15 北海道新聞)

 

安全保障関連法で新たに自衛隊の任務に加わる「駆け付け警護」について、防衛省内で当初想定されていた来年5月からの実施に慎重論が強まっている。事前準備や訓練に時間がかかることに加え、来夏の参院選の直前に不測の事態が起きれば政権への打撃が大きく、影響を回避したいとの本音ものぞく。

 

「拙速を避け周到な準備を行うことが不可欠だ。慎重の上にも慎重を期したい」中谷元・防衛相は13日の閣議後会見で、駆け付け警護に対応した訓練を行い、部隊が習熟したかを見極めた上で実施時期を決める考えを強調した。

 

駆け付け警護は、 国連平和維持活動 (PKO)中の自衛隊員が、武装集団に襲われた民間人らを武器を使って助ける任務。安倍晋三首相が安保関連法の必要性を訴える際に、具体例として再三挙げていた。政府は来年3月末までの関連法施行後、5月に南スーダン のPKOへの派遣が見込まれる 陸上自衛隊北部方面隊 (総監部・札幌)からの実施を検討している。



ただ関連法成立後、一転して早期実施に消極的な姿勢が目立ち始めた。「(万が一の事態が起きれば)法案を成立させたこれまでの苦労が台無しになる」。防衛省幹部はそう懸念を強める。安保関連法を強行可決させたことで内閣支持率が低下し、今も国民の間には関連法への反発が強い。不測の事態が起きれば参院選の争点となり、選挙戦を直撃するとの危機感が政府・与党内に根強くある。

 

南スーダンは事実上の内戦状態にあることもあり、別の同省幹部は「参院選までの間に治安情勢が大きく改善しない場合、実施は難しい」と漏らす。実施を、来年11月に南スーダンに派遣される部隊からに先送りする案もあり、今後政府・与党内で慎重に実施時期を見極める考えだ。

 

こうした政府・与党の姿勢に、ある民主党議員は「政府・与党は安全保障環境の変化を理由に、一刻を争うとして採決を強行したはずだ」と指摘。「自衛隊員の安全が本当に確保できるのか。もっと慎重に審議するべきだったことを、自ら証明しているようなものだ」と批判した。

|

« 自衛官志願2割減は安保関連法が影響していると言われました、また、07年度以降最少は国会でも議論されて来た事です。 | Main | 再稼働で増える 高レベル放射性廃棄物 を国は地下300mより深くに地層処分する方針を決めていますがその処分地が全く決まっていないなかで 川内原発 2号機が15日に再稼働し国内の原発回帰が進んでいます。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 自衛官志願2割減は安保関連法が影響していると言われました、また、07年度以降最少は国会でも議論されて来た事です。 | Main | 再稼働で増える 高レベル放射性廃棄物 を国は地下300mより深くに地層処分する方針を決めていますがその処分地が全く決まっていないなかで 川内原発 2号機が15日に再稼働し国内の原発回帰が進んでいます。 »