« <あんぽ博士と振り返る国会論戦>安保法制、尽きぬ疑問 自衛隊派遣際限なく | Main | 後方支援拡大も「違憲」 参院委で元内閣法制局長官 »

野田女史が今回の総裁選に立候補することは“義”のあることであった。しかし自民党には“義”のために立ち上がる勇者がいてもその勇者を守るために動かない政党であることを満天下に示してしまった。

国民と憲法の“存立危機事態”


15年09月09日 永田町徒然草 白川勝彦

昨晩(9月7日)から今朝まで、私は一睡もしなかった。徹夜はよくやることなので、それ自体はどうこうということはないが、今回の徹夜は少々堪えた。その理由を述べよう。まず何のために徹夜したかというと、野田聖子自民党衆議院議員が総裁選の立候補に必要な推薦人を集めて、総裁選に立候補できるのかどうかを確かめることであった。

そんなことは9月8日の朝になれば判ることだが、政治はそういうものではない。野田聖子女史が20人の推薦人を必死になって集めているのだから、それがどうなっているのか、まず知る必要がある。そして推薦人集めやその切り崩しがどうなっているかを知らなければ、今回の自民党総裁選、そして現在の自民党について切迫感をもって語ることができないからである。

私は野田女史と特に親しかった訳ではない。顔見知り程度よりちょっと深い付き合いに過ぎない。政策的には、私が自民党の通信部会の幹部として活動していた時に、通信政策を熱心に勉強している代議士であることは知っていた。若くして郵政大臣になったのは、彼女のキャリアアップに繋がったと思っていいるが、郵政問題に深く関わりを持ったために、郵政選挙で非公認候補となった。

詳しいことは省略するが、野田女史が今回の総裁選に立候補することは“義”のあることであった。そんなことは多少政治を知っている者ならば、ほとんど異論がないところであろう。しかし、自民党の男たちは動かなかった。自民党の女性たちも動かなかった。自民党は、「“義”のために立ち上がる勇者がいても、その勇者を守るために動かない政党」であることを満天下に示してしまった。

安倍陣営がどのような動きをしたか、これまで私なりにいろいろと取材した。やはり露骨で陰湿な切り崩し工作を徹底的にやったようだ。その結果としての安倍首相の無投票当選だった。昔の自民党ならば、こういうことは起きなかった。保守政党を自認する自民党には、少なくとも「義を見てせざる勇無きなり」という“侠気”というものがあった。いまの自民党にはそういう“侠気”さえ無いのだ。

この様を見て、「関東軍が嘗て満州で、多くの日本国民を見棄てて、いち早くソ連国境から退却したこと」等々を私は想起せざるを得なかった。軍隊に見棄てられた在留邦人がどのような塗炭の苦しみを背負わされたか、今年夏に数多く放映された戦後70年番組で、私たちは嫌というほど知った。安倍首相を初めとする右翼反動の政治家たちから「日本国民を守るための安保法制改正なんですよ」と言われても、多くの国民がその言を素直に受け入れないのは当然であろう。

今回の自民党総裁選における安倍首相の卑劣で強引な切り崩し工作を多くの国民は肌感覚で知っている。それは安倍首相が強行採決しようとしている安保関連法案への疑念・反対をさらに強くするであろう。安倍首相も自公“合体”政権も、国民の懸念や反対などいくらあっても仕方ないと開き直っている。まさに国民と憲法にとって“存立危機事態”だ。私はそういう思いを強くしている。

今日はこのくらいにしておこう。それでは、また。


|

« <あんぽ博士と振り返る国会論戦>安保法制、尽きぬ疑問 自衛隊派遣際限なく | Main | 後方支援拡大も「違憲」 参院委で元内閣法制局長官 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« <あんぽ博士と振り返る国会論戦>安保法制、尽きぬ疑問 自衛隊派遣際限なく | Main | 後方支援拡大も「違憲」 参院委で元内閣法制局長官 »