« <転換、平和ニッポン>2 広がる派遣、迫る危険 PKO、緊迫さらに | Main | 産経新聞社とフジテレビはこんな酷いニュ-スを流しています。『安保法制整備は7割が「必要」でも、安保法案成立「評価しない」が6割』。他の報道機関、読売ですらこんな事は言っていません。 »

「戦争法案」で個別的自衛権も崩壊しました、敵国の「後方支援のみ」を行う第三国を攻撃できないと安倍首相が明言した事があまり知られていません。

「戦争法案」で個別的自衛権も崩壊しました。

敵国の「後方支援のみ」を行う第三国を攻撃できないと安倍首相が明言した事があまり知られていません。これは日本の守りを弱体化させるものです。何故この法案に賛成している人間は、この矛盾を指摘しないのでしょうか。


「戦争法案」の矛盾の辻褄合わせが個別的自衛権をも崩壊させてしまうことになりました。なんと敵国の兵站を攻撃できないと安倍首相が明言しています。

参議院の平和安全法制特別委員会の民主党福山哲郎議員の質問において、「戦争法案」で個別的自衛権の範囲が致命的に狭められてしまうことが明らかになりました。


安倍政権は「戦争法案」で海外で自衛隊が「後方支援」の名のもとに兵站を行えるようにしようとしていますが、この「後方支援」は「武力行使」とは一体化しないため憲法違反ではないと説明しています。


ここで福山議員がまず行った質問は、日本に国際法上違法な攻撃を加えるA国の戦闘機にA国の補給艦が燃料や弾薬の補給という「後方支援」をしている場合に、その補給艦を攻撃できるかというもの。中谷防衛相は個別的自衛権によって「できる」と回答。


次の質問は同条件のA国の戦闘機に民間の船舶が燃料や弾薬の輸送をしている場合に、その補給艦を海上輸送規制法に基づく停船検査などをできるかというもの。これにも中谷防衛相は「できる」と回答。


しかしその次の質問。日本に国際法上違法な攻撃を加えるA国の戦闘機にB国の補給艦が燃料や弾薬の補給という「後方支援」をしている場合に、その補給艦を攻撃できるかというものに対しては中谷防衛相はなんと「できない」と回答しました。


B国がA国と共に攻撃を加えているのではなく、単に「後方支援のみ」を行っているならば武力攻撃を構成していないため、個別的自衛権を行使できないとのこと。



A国がまさに日本を攻撃しているのにも関わらず、その補給や輸送という「後方支援」を行っているのが当のA国や民間船舶ではないB国であると、日本は個別的自衛権で敵国の補給路を断つことができないという、到底考えられない事態です。


以下の動画の22:30付近から実際の動画を閲覧できます。中谷防衛相に加え、安倍首相までもが同じ答えをしており、安倍政権の確固たる回答であることが分かります。


https://www.youtube.com/watch?t=3&v=nFvCM7wAsGU

一体なぜこのようなあり得ない答弁が行われたのか、福山議員が「種明かし」をしています。つまり、日本が「戦争法案」によって「後方支援」の名のもとに行う兵站を「武力行使とは一体化しない」ということにするために、状況を逆にした場合に日本を攻めるA国に兵站という「後方支援のみ」を行うB国の活動を武力行使と一体化した敵対行為であると言えなくなってしまっているのです。



その結果、日本が攻撃されて個別的自衛権でA国と戦う際に、その兵站を行うB国を攻撃して補給路を断つという極めて重要な行動が取れなくなってしまう。端的に言えばフルスペックの個別的自衛権を放棄せざるを得なくなるというパラドックスに陥っているのです。繰り返しになりますが、これは上記動画で確認できるように安倍首相と中谷防衛相が国会で明言している事実。



これまでも「後方支援」で自衛隊が拘束されてもジュネーブ条約の捕虜としての保護を受けられないと岸田外相が明言し、自衛隊が現地で民間人を過失で誤射した際などに犯罪者として裁かれることを国連PKO元幹部が指摘するなど実際上の欠陥が指摘されてきました。



自衛隊が「後方支援」で拘束されてもジュネーブ条約の「捕虜」としての保護は受けられない、岸田外相が明言 | BUZZAP!(バザップ!)




1


|

« <転換、平和ニッポン>2 広がる派遣、迫る危険 PKO、緊迫さらに | Main | 産経新聞社とフジテレビはこんな酷いニュ-スを流しています。『安保法制整備は7割が「必要」でも、安保法案成立「評価しない」が6割』。他の報道機関、読売ですらこんな事は言っていません。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« <転換、平和ニッポン>2 広がる派遣、迫る危険 PKO、緊迫さらに | Main | 産経新聞社とフジテレビはこんな酷いニュ-スを流しています。『安保法制整備は7割が「必要」でも、安保法案成立「評価しない」が6割』。他の報道機関、読売ですらこんな事は言っていません。 »