« 安倍総理は昨日アベノミクスが第二ステ-ジに入ったと言いましたが第一もクリアしないで、第二ステ-ジとは完全に何を言っているか理解出来ないものでした逆に集団的自衛権行使で増税が待っている事を述べるべきです | Main | 今頃、年金を一元化するなど呆れます。公務員の共済年金の支給は厚生年金に比べてかなり優遇されて来ました。その為に共済年金の運用が苦しくなって来たために、厚生年金と合体させたと言われています。 »

安保関連法 運用開始は認められぬ

安保関連法 運用開始は認められぬ

(09/26北海道新聞)

 

同じ言葉を何度繰り返したところで、国民の理解は得られない。

安倍晋三首相はきのう、国会の事実上の閉幕を受けて記者会見し、成立した安全保障関連法の意義などを説明した。

 

だが国会答弁の域を出ず、強い違憲性や必要性の薄弱さなど根幹部分の疑義を払拭(ふっしょく)できなかった。関連法制定は実質的な解釈改憲である。改憲には国民の過半数の賛成が必要だが、各種世論調査では逆に反対が半数を超えている。

 

政府はきのうの閣議で関連法を30日に公布、来年3月末までに施行することを決めたが、国民の広範な理解と支持が得られない以上、運用開始は認められない。

 

首相は会見で、関連法の違憲性についての質問に一切答えず、「国民の命と平和な暮らしを守るために不可欠」と繰り返した。野党が関連法を「戦争法案」と呼んだり、徴兵制 復活の可能性を指摘したことには「根拠のないレッテル貼り」と批判した。

 

集団的自衛権 行使を可能にすれば米国の戦争に巻き込まれるのではないか、時の政権が憲法解釈 を恣意(しい)的に変えてしまうなら、現行解釈が禁じる徴兵制復活もあり得るのではないかとの不安は、国民がもって当然だ。それを「レッテル貼り」と切り捨てるのは乱暴すぎよう。

 

関連法の必要性について首相は、日本を取り巻く安保環境が厳しさを増していることを挙げたが、具体例として示したのは北朝鮮の核・ミサイル開発だけである。「国民の理解を得られるよう丁寧に説明する努力を続ける」との言葉を疑わざるを得ない。

 

数の力で押し切ったとの印象を薄めようとしたのだろう。首相は新党改革など野党3党との合意で国会関与を強化したと強調した。だがそれは法的拘束力がない付帯決議に盛り込まれただけだ。関連法自体は集団的自衛権行使でも他国軍の後方支援 でも緊急時には国会の事後承認を認めている。

 

首相は米ニューヨークで開会中の国連総会の場で、日本がより積極的に世界の平和と繁栄に貢献する方針を表明する意向を示した。南スーダン での 国連平和維持活動 (PKO)に派遣している自衛隊部隊の任務に「駆け付け警護」を追加することなどを念頭に置いているのだろう。

 

自衛隊員の危険が高まるとの指摘に対しても首相はこれまで十分な説明をしておらず、国民の理解を得たとは言えない。勝手に国際公約にすることは許されない。

|

« 安倍総理は昨日アベノミクスが第二ステ-ジに入ったと言いましたが第一もクリアしないで、第二ステ-ジとは完全に何を言っているか理解出来ないものでした逆に集団的自衛権行使で増税が待っている事を述べるべきです | Main | 今頃、年金を一元化するなど呆れます。公務員の共済年金の支給は厚生年金に比べてかなり優遇されて来ました。その為に共済年金の運用が苦しくなって来たために、厚生年金と合体させたと言われています。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 安倍総理は昨日アベノミクスが第二ステ-ジに入ったと言いましたが第一もクリアしないで、第二ステ-ジとは完全に何を言っているか理解出来ないものでした逆に集団的自衛権行使で増税が待っている事を述べるべきです | Main | 今頃、年金を一元化するなど呆れます。公務員の共済年金の支給は厚生年金に比べてかなり優遇されて来ました。その為に共済年金の運用が苦しくなって来たために、厚生年金と合体させたと言われています。 »