« 日本は核の輸送の様な米軍のニーズが無い事も法案に盛り込んで何でもできますよと後方支援を売り込むような法律を整備しておいて果たして主体的な判断で米国の要請を断ることができるのでしょうか。 | Main | 今回の安保法案に大量破壊兵器の輸送などは後方支援で出来ないと書き込めばすむ話ですが首相・防衛大臣は日本の政策として有り得ないと説明するばかりです。 »

戦争・徴兵制に重点反論 首相、支持急落で危機感

戦争・徴兵制に重点反論 首相、支持急落で危機感

(北海道新聞)より 参考

 

安全保障関連法案 が衆院通過後、特に「戦争法案」「 徴兵制につながる」との世論の批判が高まっていることを受け、安倍晋三首相はこの2点に重点的に反論し、法案が必要な根拠とする安全保障環境の変化についても強調しましたが、法案に対して高まる「違憲論」などには衆院審議と同じ答弁を繰り返し、国民理解が深まるような丁寧な内容は見られませんでした。

 

「わが国が『戦争国家になってしまう』という主張があるが、その主張に従えば(集団的自衛権 を行使できる)世界中のほとんどの国は戦争国家になってしまう」と首相は参院本会議で、そう語気を強めました。

 

集団的自衛権の行使は、戦争を放棄した憲法9条の下、歴代政権が「憲法上許されない」と解釈してきました。このため集団的自衛権の行使を可能にする法案には「憲法違反」「戦争に巻き込まれる」との批判が根強くあります。



そこで首相は、集団的自衛権を加盟国の権利とする国連憲章を持ち出し、集団的自衛権が国際的にも広く認められているとして、懸念払拭(ふっしょく)を狙っいましたが、全く説明になっていませんでした。

 

衆院での強行採決後、世論調査で内閣支持率が軒並み急落する中、世論に根強くある「徴兵制が将来復活するのでは」との不安にも、重点的に答弁しました。

 

首相は、集団的自衛権の行使を前提とする北大西洋条約機構(NATO)に加盟する米英独仏などは、志願した兵士で軍隊を維持していると指摘して、「集団的自衛権行使の有無と徴兵制は関係ない」と説明しました。加えて、徴兵制は政府の憲法解釈 で禁じられていることを挙げて「全くない」と断言しました。

 

野党は「集団的自衛権の政府解釈を大転換させたのに、なぜ徴兵制の解釈を変えないと断言できるのか」と追及しています。首相は「自衛隊はハイテク装備で固められたプロ集団であり、隊員育成には長い時間がかかる」と説明し、解釈で禁じているだけでなく、政策判断としても徴兵制はありえないと力説しました。

 

首相は法案が必要な要因として、日本を射程に入れる弾道ミサイルを配備した北朝鮮だけでなく、中国にも重ねて言及。相手国を刺激することを避けるため、国会答弁では「ある国」などと中国を名指ししないことも多かったのですが、今回はあえ「東シナ海においては中国が公船による領海侵犯を繰り返し、南シナ海では中国が活動を活発化し、大規模かつ急速な埋め立てを一方的に強行している」と取り上げました。

 

一方で、法案への「違憲論」については、「憲法解釈の基本的論理は全く変わっていない」などと従来の答弁を再三繰り返すだけに終わり、民主党の北沢俊美氏は代表質問で「この法案は『抜け道解釈改憲』で無理やり法制化したため、議論すればするほどボロが出る。安倍政権には国民に誠実に説明する気持ちが希薄だ」と首相の姿勢を批判しました。

|

« 日本は核の輸送の様な米軍のニーズが無い事も法案に盛り込んで何でもできますよと後方支援を売り込むような法律を整備しておいて果たして主体的な判断で米国の要請を断ることができるのでしょうか。 | Main | 今回の安保法案に大量破壊兵器の輸送などは後方支援で出来ないと書き込めばすむ話ですが首相・防衛大臣は日本の政策として有り得ないと説明するばかりです。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 日本は核の輸送の様な米軍のニーズが無い事も法案に盛り込んで何でもできますよと後方支援を売り込むような法律を整備しておいて果たして主体的な判断で米国の要請を断ることができるのでしょうか。 | Main | 今回の安保法案に大量破壊兵器の輸送などは後方支援で出来ないと書き込めばすむ話ですが首相・防衛大臣は日本の政策として有り得ないと説明するばかりです。 »