« 政府の答弁は壊れたレコードのように同じ内容の繰り返しだが、安倍総理の周辺が入れ代わり立ち代わり問題発言を行ってくれるので、国民の興味関心が薄れる事もない。田中良紹:国会探検 | Main | やはり自分の言葉で語らない談話は、人々の心に響かないと云う事です。首相70年談話:米メディア批判的 「自らの言葉で謝罪せず」 »

お粗末にして仰々しい70年談話:永田町徒然草 白川勝彦

お粗末にして仰々しい70年談話


15年08月15日 永田町徒然草 白川勝彦


8月15日の終戦記念日は、ほとんど暑い日が多い。昭和20年のその日も暑かったという。この日は、先の戦争で命を落とした人々に想いを致し、その冥福を祈り、平和を祈念する日である。多くの日本人がごく自然にそのようにしてきた。私もいつも特別な日として過ごしてきた。ところが、今年は違った。昨日の安倍首相の戦後70年談話を多くの人々がどのように評価しするのか、また関係諸国からどのような反応があるのか、それを確かめるのに忙しかった。

そもそも私の作業は、昨晩から始まった。まずは、昨日の午後6時から始まったテレビの記者会見を見て、何かおかしいぞと思った。安倍首相が焦点の定まらない、宙を仰いだような表情で、訳の分からないことを長々と喋っている。一体何が始まったのかと多くの人々が感じたと思う。確かプロンプターが左右にあった。安倍首相はプロンプターに映っている70年談話を読んでいたのだ。

4000字を超えるような談話(声明文)を何も諳(そらん)じる必要はない。一語一句が大切なのだから、心を込め、抑揚をつけてチャンと朗読すればよいのだ。その朗読を終えてから、国民に向かって言いたいことがあれば、説得力ある言葉と表現で語ればよいのである。プロンプターはそういう時に使うものだ。そうすればあの宙を仰いだような不自然な表情を国民に見せることはなかったのに…。

私は何を言っているのか分からなかったのでパソコンをみたら、既に70年談話の全文が載っているではないか。安倍首相はプロンプターに映っている70年談話をできるできるだけ説得力があるように読もうとしていたのだ。読み難いところがあったのだろう、目が宙に浮かんだり不自然な表情になってしまうのだ。4000字の談話を諳んじたからといって誰も安倍首相は頭がいい、などと言わない。格好いいとも思わない。周りにはいろいろな人物がいるようだが、今回の演出は一体誰なのだ。

さて70年談話の中味だが、私の評価はゼロ点である。その理由は、安倍首相が長々と述べた不幸な戦争や歴史をすべて踏まえて、わが国の憲法前文と9条は制定されたのだ。そのことを確認することが一番大切だし、諸外国に対しても重みのある談話となる。しかし、安倍首相はそこを認める気が全くないのであるからしょうがないないのだ。

私たちは、国際秩序への挑戦者となってしまった過去を、この胸に刻み続けます。だからこそ、我が国は、自由、民主主義、人権といった基本的価値を揺るぎないものとして堅持し、その価値を共有する国々と手を携えて、「積極的平和主義」の旗を高く掲げ、世界の平和と繁栄にこれまで以上に貢献してまいります。

これは70年談話の結びの部分でる。積極的平和主義にわざわざカギ括弧が付けらている。積極的平和主義などという用語は、安倍首相が使う浅はかな政治用語に過ぎない。その積極的平和主義に基づいて、集団的自衛権の行使容認の閣議決定を行い、そして多くの国民が反対している安保関連法案を国会に提出したのだ。安保関連法案は何としても成立させるぞと内外に言うために仰々しい70年談話をわざわざ出したのだ。何ともお粗末な話ではないか。

今日はこのくらいにしておこう。それでは、また。

|

« 政府の答弁は壊れたレコードのように同じ内容の繰り返しだが、安倍総理の周辺が入れ代わり立ち代わり問題発言を行ってくれるので、国民の興味関心が薄れる事もない。田中良紹:国会探検 | Main | やはり自分の言葉で語らない談話は、人々の心に響かないと云う事です。首相70年談話:米メディア批判的 「自らの言葉で謝罪せず」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 政府の答弁は壊れたレコードのように同じ内容の繰り返しだが、安倍総理の周辺が入れ代わり立ち代わり問題発言を行ってくれるので、国民の興味関心が薄れる事もない。田中良紹:国会探検 | Main | やはり自分の言葉で語らない談話は、人々の心に響かないと云う事です。首相70年談話:米メディア批判的 「自らの言葉で謝罪せず」 »