« 今回衆院を通過した安保法案の行使条件は「わが国の存立が脅かされ、国民の権利が根底から覆される明白な危険がある」場合とされていますが、この「明白な危険」がどのような状況を指すのか全く説明されていません。 | Main | 安保関連法案や新国立競技場建設見直しなどが大きく報道されていますが、その陰でTPP交渉は着々と進んでいる様です。いつから日本はTPP交渉の旗振り役になったのでしょうか。 »

火事の事例を持ちだした安倍総理に対してやくみつる氏がアメリカという国は時に人の家に火を放つような行為もするアメリカが自ら火を放った所にまで行かざるをえないんじゃないか本来火を放たれた方に味方すべきでは 修正

昨日のフジテレビに出演した、安倍総理の安全保障関連法案の説明は殆ど漫画を見ているようなものでした。安倍総理は国民がこの法案を理解出来ていないので支持されないと思っている様ですが、実際は国民が法案の危険性についてだんだん理解して来たために、反対しているのです。



安倍総理はアフガンやイラク戦争のような場合日本は参加しないので、戦争に巻き込まれる事は無いので、戦争法案でないと言いますが、それでは何処の国が攻められれば日本が集団的自衛権を行使するのでしょうか。



中国・北朝鮮が日本を攻撃してくれば当然個別的自衛権によって、日米で防衛のために反撃し、また中国・北朝鮮が日本周辺で米軍を攻撃すれば周辺事態法で米軍と共同で対処すればよいだけです。



遠く離れた中東などで、中国・北朝鮮が米軍を攻撃するとはとても思えません。安倍総理が何を想定して緊急に集団的自衛権行使が出来る安保法案を成立させようとしているか、昨日の火事の説明ではよけ理解出来なくなりました。



火事の現場の事例を持ちだした安倍総理に対してやくみつる氏が日米安保条約を評価したうえで「ところが、アメリカという国は、善良なアメリカ人ばかりじゃなくて、時に人の家に火を放つような行為もする」と述べ、「この法制では、アメリカが自ら火を放った所にまで、結果行かざるをえないんじゃないか」「本来、火を放たれた方に味方すべきような状況のときにも、火を放った側に与する可能性がありはしないか?」 と質問した事が一番的を得ていました。



やくみつる氏が安倍晋三首相に安全保障関連法案について厳しく指摘



20日放送の「みんなのニュース」(フジテレビ系)でやくみつる氏が、安倍晋三首相に厳しい指摘をぶつける一幕があった。

番組では「国民のギモン×安倍首相」と題して、安倍首相が生出演して、特に安全保障関連法案について説明した。

スタジオでは、司会の伊藤利尋アナウンサーが、安全保障関連法案に国民の理解が広がっていないことを指摘すると、安倍首相が自ら、安全保障関連法案について模型を用いながら「日本の家に隣接するアメリカの家が火災になったとしても、それはアメリカや他国の消防隊に任せる」「こちらまで飛びかかる火の粉を危険と判断して、初めて日本の消防隊も消火に参加する」と喩えながら説明をした。

しかし、この説明にコメンテーターのやく氏は納得いかない様子で、日米安保条約を評価したうえで「ところが、アメリカという国は、善良なアメリカ人ばかりじゃなくて、時に人の家に火を放つような行為もする」と持論を展開した。

やく氏は「この法制では、アメリカが自ら火を放った所にまで、結果行かざるをえないんじゃないか」「本来、火を放たれた方に味方すべきような状況のときにも、火を放った側に与する可能性がありはしないか?」 と続け、「そういう危険性っていうのがあるんじゃないかと思って描いたのが…」と、フリップに描いたイラストを提示した。

それは、日本国憲法がこれまで、まとってきた「戦争を未然に防ぐ」と書かれた最大の腰巻きを、安倍首相の似顔絵が書かれた安保法案が剥ぎ取ろうとしている様子で、法案についての厳しい指摘だった。

対して、安倍首相は、他国の戦争では日本に火の粉が降りかかないため、これに参加することはないと、同じ説明を繰り返した。そして、日米の軍事的な緊密関係によって「よこしまな考えの人たちが『日本に対して酷いことをするのはやめておこう』ということになる」と、発言を締め括った。


.

|

« 今回衆院を通過した安保法案の行使条件は「わが国の存立が脅かされ、国民の権利が根底から覆される明白な危険がある」場合とされていますが、この「明白な危険」がどのような状況を指すのか全く説明されていません。 | Main | 安保関連法案や新国立競技場建設見直しなどが大きく報道されていますが、その陰でTPP交渉は着々と進んでいる様です。いつから日本はTPP交渉の旗振り役になったのでしょうか。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 今回衆院を通過した安保法案の行使条件は「わが国の存立が脅かされ、国民の権利が根底から覆される明白な危険がある」場合とされていますが、この「明白な危険」がどのような状況を指すのか全く説明されていません。 | Main | 安保関連法案や新国立競技場建設見直しなどが大きく報道されていますが、その陰でTPP交渉は着々と進んでいる様です。いつから日本はTPP交渉の旗振り役になったのでしょうか。 »