« 北海道での野生サケの回帰を増やす試みは非常に重要です | Main | 安保法制の陰で、重大な労働法制改正案(派遣法)が審議されていますが、あまり大きく報道されていません。この派遣法を強く改悪させようとしているのが、竹中平蔵パソナ派遣会社会長です »

安倍首相はわが国の安全保障政策は、専守防衛を含めて少しも変わることがないと強調している。本当にそうならば、なぜ仰々しい・意味不明な用語を用いて、今回の“戦争法案”を作ったのか。

詭弁の固まり:安倍首相



15年05月31日 永田町徒然草 白川勝彦

前号の永田町徒然草「潮目が変わった」が、ある掲示板で紹介され、これが爆発的に拡散された。「潮目が変わった」は、軽い気持ちで書いたものだが、たぶんタイトルが良かったのだろう。私としては前々号の「やっぱり戦争法案だぜェ !!http://u999u.info/loJG」の方こそ拡散して欲しかったのだが…(笑)。こちらの方は、私なりにかなり気合いを入れて書いたのだが…。



先週は比較的時間があったので、衆議院・安保法制特別委員会の国会中継をかなり見ることができた。例によって「早く質問しろよ」と安倍首相がヤジを飛ばしたことが話題となったが、各党の質問者の質疑を聞いて感じたことだが、力量不足であることはやはり否定できない。そもそも勉強不足である。共産党は志位委員長が二日連続して質問に立った。しっかりと準備しており、さすがに迫力があった。



国会の質問は、“学術”論争や理論闘争ではない。安倍首相が提出している法律案の問題点や危険性を、国民に明らかにすることである。その結果として、国民がこんな法律案を通してはダメだと思わせなければならない。淡々と質疑を続けていたのでは、いつかは採決ということになる。採決ということになれば、残念ながら自公“合体”政権が勝ってしまう。



採決を阻止するためには、審議中断・審議拒否などをしなければダメである。その時に大事なのが、その理由である。「こんな質問にちゃんと答えられないようではダメだ」と国民が思うようなことを、審議拒否や審議中断の理由としなければならない。そうしないと国民の理解と協力が得られない。だから徹底的に準備・勉強しておくことが大事なのである。



これまでの審議でも、「ここで止めないでどうするんだ」という場面がいくつかあった。その時、野党は損得抜きに協力し合わなければならない。そうすれば、審議を止めることなど意外に簡単にできるのだ。野党は、圧倒的に多くの国民が安倍首相の提出した“戦争法案”に反対していることに自信をもって良い。またその確信がなければ、迫力ある質問はできないと思う。



今回の法律案の閣議決定から、安倍首相は一貫して今回提出された法律案によって、これまでのわが国の安全保障政策は、専守防衛を含めて少しも変わることがないと強調している。本当にそうならば、なぜ仰々しい・意味不明な用語を用いて、今回の法律案を作ったのか。野党はそこを突いたらよいと思うのだが…。実は仰々しい・意味不明な言葉の中に、アメリカの味方と思われる防衛官僚の真の狙いが隠されているのである。



今日、私は民主党の岡田代表はじめ多くの野党幹部と会う機会があった。「ここは本当に踏ん張りどころだ。何をやっても良いから、頑張って下さいね」と、私は激励した。安倍首相がいくら詭弁を弄そうとも、安倍首相の戦争体質に国民は気付き始めた。ここでグイグイと攻めなければ、野党の野党たる所以が疑われる。多くの人が期待している“国民的な野党”はその結果として生まれる。



今日はこのくらいにしておこう。それでは、また。

|

« 北海道での野生サケの回帰を増やす試みは非常に重要です | Main | 安保法制の陰で、重大な労働法制改正案(派遣法)が審議されていますが、あまり大きく報道されていません。この派遣法を強く改悪させようとしているのが、竹中平蔵パソナ派遣会社会長です »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 北海道での野生サケの回帰を増やす試みは非常に重要です | Main | 安保法制の陰で、重大な労働法制改正案(派遣法)が審議されていますが、あまり大きく報道されていません。この派遣法を強く改悪させようとしているのが、竹中平蔵パソナ派遣会社会長です »