« TPP協定協議は米国では、上下院の議員が作成中の協定案を閲覧できる様に成っていますが日本では国会議員にさえ、開示出来ないと云うおかしな状況に成っています | Main | 地球上どこでも集団的自衛権の行使行いたいのなら、きちんと憲法9条を破棄して、陸海空の戦力を持つ日本国軍を保持し、いかなる紛争にも軍事的に介入する事が出来ると明示すべきです。 »

戦後の平和主義転換 安保関連法案閣議決定 首相「米の戦争に巻き込まれることは絶対ない」と、これ程嘘を平気で言う首相は過去に見た事がありません、国民に覚悟の無い国防論など絵に描いた餅と同じです。

戦後の平和主義転換 安保関連法案閣議決定 首相「米の戦争に巻き込まれることは絶対ない」と、これ程嘘を平気で言う首相は過去に見た事がありません。



戦争に後方も前方も有りません。後方からの支援を絶つ事は戦国時代からの常識です。それで、日本は米国の戦争に巻き込まれる事は無いと、国民に堂々と言う首相は、戦前の大本営発表と同じで、全員玉砕しているにもかかわらず、大勝利と伝えていたことと殆ど変りません。



それ程、国防が大事で有れば国民に堂々述べ、海外での自衛隊の活動範囲を大幅に拡大し、平時から有事まで「切れ目のない対応」を可能する事は、同盟国と一緒に戦う事に成り、特に軍事同盟を結んでいる米国とは、一緒に戦争に参加する事に成る覚悟を持ってほしいと言えば良いのです。

また現在の装備では、本当に米軍の支援など出来ませんので、防衛費2倍する為に増税すると言えば良いのです。

国民に覚悟の無い国防論など絵に描いた餅と同じです。



戦後の平和主義転換 安保関連法案閣議決定 首相「米の戦争に巻き込まれることは絶対ない」

(北海道新聞)



政府は14日夕の臨時閣議で、憲法9条の下で禁じてきた 集団的自衛権の行使を前提とする安全保障関連法案を決定した。海外での自衛隊の活動範囲を大幅に拡大し、平時から有事まで「切れ目のない対応」を可能にする内容で、戦後日本の平和主義に基づく安全保障政策は歴史的転換点を迎えた。安倍晋三首相は官邸で記者会見し、法整備によって日米同盟の抑止力はさらに高まるとの認識を強調。「米国の戦争に巻き込まれることは絶対にあり得ない」と述べ、今国会中の成立に理解を求めた。

 

関連法案は、集団的自衛権の行使を可能にする武力攻撃事態法など10本の法律を一括で改正する「平和安全法制整備法案」と、他国軍への後方支援 のため自衛隊の海外派遣をいつでも可能にする新たな恒久法「国際平和支援法案」。政府は15日に法案を衆院に提出し、今月下旬の審議入りを目指す。6月24日までの今国会会期を大幅に延長した上で遅くとも8月上旬までに成立させる方針。

 

首相は会見で、北朝鮮のミサイル・核開発などを例に挙げ「この厳しい現実から目を背けることはできない」と法整備の必要性を強調。「不戦の誓いを将来にわたって守り続け、国民の命と平和な暮らしを守り抜く決意の下、平和安全法制を閣議決定した」と表明した。

 

集団的自衛権については「日本近海で米軍が攻撃を受ける状況は人ごとではなく、私たち自身の危機だ」と指摘。日本の存立が脅かされる場合などに限定した武力行使の3要件 を挙げ「厳格な歯止めを法案に定めた。極めて限定的に集団的自衛権を行使できるようにした」と説明した。

 

その上で「日本が危険にさらされた時には、日米同盟は完全に機能する。抑止力はさらに高まり、日本が攻撃される可能性は一層なくなっていく」と強調。「あくまで日本人の命と平和な暮らしを守るための法案で、自衛隊がかつての湾岸戦争やイラク戦争 のような戦闘に参加することは決してない」と明言した。米国など有志連合国による過激派組織「 イスラム国 」掃討作戦への対応については「われわれが後方支援をすることはない」と述べた。

 

野党との協議の結果、法案を修正する可能性については「私たちとしてはベストなものと考えている」とした上で「法制が必要だと理解してもらうべく努力していく」と含みを残した。

 

これに関連し、政府は14日、武力攻撃に至らない「 グレーゾーン事態」で治安出動や海上警備行動を迅速に発令できるよう電話閣議の導入も決定した。

|

« TPP協定協議は米国では、上下院の議員が作成中の協定案を閲覧できる様に成っていますが日本では国会議員にさえ、開示出来ないと云うおかしな状況に成っています | Main | 地球上どこでも集団的自衛権の行使行いたいのなら、きちんと憲法9条を破棄して、陸海空の戦力を持つ日本国軍を保持し、いかなる紛争にも軍事的に介入する事が出来ると明示すべきです。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« TPP協定協議は米国では、上下院の議員が作成中の協定案を閲覧できる様に成っていますが日本では国会議員にさえ、開示出来ないと云うおかしな状況に成っています | Main | 地球上どこでも集団的自衛権の行使行いたいのなら、きちんと憲法9条を破棄して、陸海空の戦力を持つ日本国軍を保持し、いかなる紛争にも軍事的に介入する事が出来ると明示すべきです。 »