« 粛々官房長官が、沖縄知事に粛々と進めるとは、本土から沖縄を見た上から目線だと言われて、これからは使わない様にすると言いましたが | Main | 今回の日米防衛協力指針 改定は、集団的自衛権 を行使する場合の協力内容や、自衛隊による米軍の 後方支援 を日本周辺から地球規模に拡大するなど、従来の協力の枠組みを大きく超える内容です »

何故、テレビ朝日の「報道ステーションに自民党から圧力があったと云う記事が、テレビ局でなく、毎日新聞から報道されるのでしょうか。

何故、テレビ朝日の「報道ステーションに自民党から圧力があったと云う記事が、テレビ局でなく、毎日新聞から報道されるのでしょうか。



テレビ朝日の「報道ステーション」でアベノミクスを取り上げた報道に対し、自民党が「特殊な事例をいたずらに強調した」と批判し、「公平中立な」番組作りを要請していたことが分かった。





<テレビ朝日>衆院選前、自民が中立要請 アベノミクスで

毎日新聞 4月10日(金)



テレビ朝日の「報道ステーション」でアベノミクスを取り上げた報道に対し、自民党が「特殊な事例をいたずらに強調した」と批判し、「公平中立な」番組作りを要請していたことが分かった。自民党は要請を認め「圧力はなかった」と説明するが、編集権への介入との指摘も出ている。

【テレ朝の古賀氏降板問題】「圧力」か「暴走」か 言い分、真っ向対立

 要請書は衆院解散後の昨年11月26日、自民党衆院議員の福井照報道局長名で出された。同月24日放送の「報道ステーション」について「アベノミクスの効果が、大企業や富裕層のみに及び、それ以外の国民には及んでいないかのごとく、特定の富裕層のライフスタイルを強調して紹介する内容」だと批判。



「意見が対立している問題は、できるだけ多くの角度から論点を明らかにしなければならないとされている放送法4条4号の規定に照らし、特殊な事例をいたずらに強調した編集及び解説は十分な意を尽くしているとは言えない」として「公平中立な番組作成に取り組むよう、特段の配慮を」求めている。

 ◇自民「圧力」否定

 自民党は同月20日にも、在京テレビ局各社に選挙報道の公平中立などを求める要請書を渡していた。自民党報道局は毎日新聞の取材に「(要請書を)送ったことは間違いない」と認めたうえで「報道に対する圧力ではないかと言われるが、文面を見ればそういうものではないと理解してもらえると思う」と話した。

 テレビ朝日広報部は「文書を受領したことは事実。番組では日ごろから公平公正を旨としており、特定の個人・団体からの意見に左右されることはありません」とコメントした。

|

« 粛々官房長官が、沖縄知事に粛々と進めるとは、本土から沖縄を見た上から目線だと言われて、これからは使わない様にすると言いましたが | Main | 今回の日米防衛協力指針 改定は、集団的自衛権 を行使する場合の協力内容や、自衛隊による米軍の 後方支援 を日本周辺から地球規模に拡大するなど、従来の協力の枠組みを大きく超える内容です »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 粛々官房長官が、沖縄知事に粛々と進めるとは、本土から沖縄を見た上から目線だと言われて、これからは使わない様にすると言いましたが | Main | 今回の日米防衛協力指針 改定は、集団的自衛権 を行使する場合の協力内容や、自衛隊による米軍の 後方支援 を日本周辺から地球規模に拡大するなど、従来の協力の枠組みを大きく超える内容です »