« 「日本は民主主義だ」と胸を張って言う事など出来ないと思うが、それを誰も指摘しないし発言もしない。そうした中で安倍政権の閣僚が抜け道を使った資金集めをしている実態が明らかになった。 | Main | このまま派遣法をどんどん変えて行けば日本の労働界はやがて経営者と派遣労働者しか存在しない国に成ってしまうと思われます。 »

介護や介助が必要な 認知症 などを患う高齢者、障害者、病弱者ら「災害弱者」が身を寄せる 福祉避難所 の整備が殆ど進んでいません

大災害だけでなく、停電や猛吹雪・台風などでも避難所へ向かう人が多くいますが、現状は殆ど学校などの体育館に毛布をひいた状況ばかりです。

介護や介助が必要な 認知症 などを患う高齢者、障害者、病弱者ら「災害弱者」が身を寄せる福祉避難所 の整備が殆ど進んでいません。



東日本大震災では高齢者らの 震災関連死が少なく有りませんでした。災害はいつ、どこで発生してもおかしく有りません。地方創世と云うならこのような福祉避難所の拡充を急でもらいたいと思います。



大震災から4年 「福祉避難所」の拡充を

(北海道新聞)

 

大災害が起きた時、介護や介助が必要な 認知症 などを患う高齢者、障害者、病弱者ら「災害弱者」が身を寄せる福祉避難所 の整備が進んでいない。

 一つもない市町村は、国内全自治体の24%超の428自治体にも上る。

 北海道では179市町村のうち61・5%に当たる110自治体が確保できていない。都道府県別で鹿児島、群馬両県に次いで高い。

 



東日本大震災では高齢者らの 震災関連死 が少なくなかった。災害はいつ、どこで発生してもおかしくない。福祉避難所の拡充を急ぎたい。福祉避難所は避難生活の長期化により、災害弱者の関連死が目立った1995年の阪神大震災 の教訓から生まれた。

 



災害弱者にとって、介護や介助環境が手薄な一般の避難所で過ごすことは、健康な人以上に大きなストレスとなる。それが高齢者を中心に犠牲者を増やしたことを忘れてはならない。だからこそ、一般の避難所と切り離した空間の必要性が叫ばれ、2000年代に入ってから、国がガイドラインを策定。各市町村が福祉避難所をあらかじめ指定しておく取り組みが本格化した。

 



小学校区に1カ所程度、入所者10人に1人めどの生活相談職員の配置―などが目安だ。道内の福祉避難所は69市町村に633カ所あり、収容定員は2万7千人余りになる。しかし、学校や公民館など一般の避難所と同じ場所も少なくない。要介護・要支援 認定者だけでも30万人いる道内の現状を考えれば、絶対的に不足している。

 



福祉避難所は、バリアフリー化された設備、知識を持った相談職員の配置などが求められる。そういう点で、既存の老人福祉施設、障害者支援施設、保健センターなどが理想的と言えるだろう。まだ避難所を確保できていない市町村は、地域の社会福祉法人などとの連携で実現したい。適当な施設や人的確保が難しい地域には、道のサポートも欠かせない。

 



東日本大震災時、仙台市では福祉避難所は52カ所指定されていたが、実際に開設されたのは半分程度だった。必要な要員、備品がそろわなかったことが大きい。しかも開設できた避難所には高齢者らが殺到し、希望者全員には対応しきれなかった。災害時には想定外の事態が起こりうる。その轍(てつ)を踏むまい。


|

« 「日本は民主主義だ」と胸を張って言う事など出来ないと思うが、それを誰も指摘しないし発言もしない。そうした中で安倍政権の閣僚が抜け道を使った資金集めをしている実態が明らかになった。 | Main | このまま派遣法をどんどん変えて行けば日本の労働界はやがて経営者と派遣労働者しか存在しない国に成ってしまうと思われます。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「日本は民主主義だ」と胸を張って言う事など出来ないと思うが、それを誰も指摘しないし発言もしない。そうした中で安倍政権の閣僚が抜け道を使った資金集めをしている実態が明らかになった。 | Main | このまま派遣法をどんどん変えて行けば日本の労働界はやがて経営者と派遣労働者しか存在しない国に成ってしまうと思われます。 »