« 暖かい地中熱暖房でイチゴ栽培 伊達市が新方式を来月開始 | Main | 安倍と云う男「人に厳しく自分に甘い」人間で、国のトップとして一億の国民の生活を守って行く人間としてふさわしくありません。 »

一昨年、昨年のオール電化住宅を狙い撃ちした、深夜電気料金1.6倍の値上げで、オール電化住宅に住む人々の生活費への打撃は相当深刻なものです。

一昨年、昨年のオール電化住宅を狙い撃ちした、深夜電気料金1.6倍の値上げで、オール電化住宅に住む人々の生活費への打撃は相当深刻なものです。

我が家も居間の暖房は灯油スト-ブに変え、電気代は2万円/月程減額に成りました。(灯油代は90L×71円/L=6300円)しかし、灯油スト-ブが12万円、500L灯油タンク灯油配管設備などが15万円ほどかかりましたので、この投資費用を回収するには3年ほどかかると思われます。

また、北電の安心安全で一番経済的と言ううたい文句のオ-ル電化住宅の宣伝は完全な詐欺です。居間に眠る蓄熱器も50アンペアで約50万円する高価なものです。それをこれから殆ど眠らせたままで生活する事に成ると考えますと、本当に怒りがこみ上げて来ます。


その怒りの為、現在使用しています寝室と他の部屋なども蓄熱器が設置されていますので、あと2部屋灯油スト-ブに変えようかと思案中です。また、不用に成った電気蓄熱器の代金を返せとさけびたくなります。



脱「オール電化」じわり 北電値上げ影響、都市ガスへの切り替え増  (北海道新聞)



オール電化の一戸建て住宅で暖房や給湯のエネルギー源を 都市ガスに切り替える「脱・オール電化」化がじわりと広がっている。北海道電力の2度の 電気料金 大幅値上げが背景にあり、切り替え工事に多額の費用をかけても中長期的に都市ガスの方が得だと判断した家庭が少なくないためだ。北電は泊原発 (後志管内泊村)を再稼働させて電気料金を値下げしたい考えだが、再稼働のめどは立っておらず、都市ガス各社の攻勢に押されている。

 



札幌圏と函館、北見などが営業範囲の北海道ガス(札幌)によると、オール電化住宅で暖房と給湯のエネルギー源を都市ガスに切り替えた住宅は2013年度が15戸、14年度は1月末時点で50戸に上る。北電が泊原発の停止を理由に、13年9月と14年11月に電気料金を値上げしたのに合わせて増えているという。一戸建て住宅のガスへの切り替えは価格の変動が大きい灯油からが大部分を占めるが、これに電気からの移行が加わった形だ。

 



北ガスの試算では、4人家族が住む一戸建て住宅(延べ120平方メートル)のオール電化住宅の暖房や給湯を都市ガスに切り替えるための設備・工事費用は平均70万円程度だ。それでも電気、ガス料金が現状のまま変わらないとすれば、年間の光熱費はオール電化住宅より15万円ほど安く、切り替え費用は4、5年で回収できると計算する。このため、築5年前後のオール電化住宅でも都市ガスに切り替える家庭があるという。

 



電気料金は今年4月から、再値上げの幅を圧縮する激変緩和措置がなくなってさらに高くなる。このため、北ガスは「各戸にチラシを投函(とうかん)するなどして都市ガスの利点をアピールしたい」と営業攻勢を強める構えで、15年度は300戸の切り替えを目指す。釧路ガス(釧路)もパンフレット投函などで営業を強化し、年数件にとどまっていた都市ガスへの切り替えを15年度は15件程度に増やしたい考えだ。

 



これに対し、北電は電気料金を値上げする中、新築や改築などオール電化住宅の積極的な営業は控えざるをえない状況だ。こうした中、空気中の熱を利用して電気消費量を抑える新型の給湯機「エコキュート 」を売り込む。「オール電化住宅のエネルギー効率向上」をPRして電力離れに歯止めをかけようと必死だ。

 



一方、 原子力規制委員会 による泊原発の審査は難航し、15年11月から16年3月に全3基を再稼働させるという北電の目標は困難とみられ、電気料金値下げの見通しは立っていない。

|

« 暖かい地中熱暖房でイチゴ栽培 伊達市が新方式を来月開始 | Main | 安倍と云う男「人に厳しく自分に甘い」人間で、国のトップとして一億の国民の生活を守って行く人間としてふさわしくありません。 »