« 自公政権は、来年の統一地方選挙対策としてプレミアム付き商品券の発行や灯油費補助を決めましたがこれは完全に来年の統一地方選挙対策のバラマキ予算です消費税増税がこの様な形で浪費されるなど全く聞いていません | Main | 税と社会保障の一体改革と云う名のもとに、消費税を増税したにも関わらず、安倍政権は介護事業者に支払われる介護報酬 を来年度、引き下げ様としています »

安倍首相の“不都合な真実”

安倍首相の“不都合な真実”。
永田町徒然草白川勝彦14年12月27日

解散・総選挙の間、この永田町徒然草で、私は、“ファッショあるいはファッショ的”という表現を何度も使った。安倍首相や自公“合体”政権の所業がいくら悪いからといって、それを非難ないし批判“ファッショあるいはファッショ的”と表現しなければならないほど、危険な段階にきているのだ。

自由な社会・集団においては、誰かがファッショ的な所業を行おうとしても、自由な“個人”がいる限り、必ず反発・反抗が起こり、暴挙・蛮行は不可能なのだ。自民党の中に右翼反動の政治家やグループがいるのは、常態である。右翼反動はファシズムを理想とするから、その行動も、ファッショ的なものになりがちである。しかし、かつての自民党の中には、右翼反動と敵対する“自由な価値観をもつ政治家”がいた。

わが国の最大の問題点は、政治や言論の場において「自由な“個人”、あるいは“自由な価値観をもつ政治家”」が、抹殺あるいはそれに近い状態にあることなのだ。その非道な役割を果たしているのが、自公“合体”体制における創価学会・公明党なのだ。また、その役割は、創価学会・公明党でなければできないのである。多くの国民が、安倍首相に対して胡散臭いものを感じているとすれば、ここにあると私は考えている。

安倍首相は、かつて亀井静香代議士の子分として、政教分離反対を唱えて動いていた時期があった。だから、安倍首相は創価学会・公明党の危険性を知らない筈がない。だが、安倍首相にとって、今やそんなことはもうどうでもよいのだ。権力亡者として、創価学会・公明党を使って、己の野望を遂げるのに汲々としているのだ。しかし、自公“合体”政権の中核に創価学会・公明党がいるのは、安倍首相にとって“不都合な真実”であることだけは、間違いない。

最近は、安倍首相だけでなく多くの人々が、この“不都合な真実”に触れようとしない。いや、あまりにも大きくなり過ぎて、目に入らなくなってきたのかもしれない。だから私は、多くの人々が嫌がる問題にあまり触れないようにしている。しかし、この“不都合な真実”が、厳然たる事実であることに変わりはない。だから、求められれば、この事実の問題点を私は、容赦なく批判する。

まだ、今回の解散・総選挙が話題にもなっていない頃、『宗教問題』という雑誌から、取材の申し込みがあった。もちろん私は、この取材に応じた。総選挙が終わった後に、その雑誌が送られてきた。既に、当サイトのホームページでお知らせしているが、改めて、ここでご紹介申し上げる。年末年始の時間のある時に、ぜひご一読の程を。ところで、日本国民はいつまで、自公“合体”政権を許容し続けるのだろうか。“総懺悔”する時は必ず来るのだが…。

それでは、また。

|

« 自公政権は、来年の統一地方選挙対策としてプレミアム付き商品券の発行や灯油費補助を決めましたがこれは完全に来年の統一地方選挙対策のバラマキ予算です消費税増税がこの様な形で浪費されるなど全く聞いていません | Main | 税と社会保障の一体改革と云う名のもとに、消費税を増税したにも関わらず、安倍政権は介護事業者に支払われる介護報酬 を来年度、引き下げ様としています »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 自公政権は、来年の統一地方選挙対策としてプレミアム付き商品券の発行や灯油費補助を決めましたがこれは完全に来年の統一地方選挙対策のバラマキ予算です消費税増税がこの様な形で浪費されるなど全く聞いていません | Main | 税と社会保障の一体改革と云う名のもとに、消費税を増税したにも関わらず、安倍政権は介護事業者に支払われる介護報酬 を来年度、引き下げ様としています »