« 今回の総選挙で問われるものは先の選挙前に公約しなかった集団的自衛権の行使について憲法の解釈を変えて行使出来る様にした事に対する是非です | Main | この様な政党の考えを、選挙の投票に参考すべきです。自民候補、原発再稼働90%賛成 民主72%反対 衆院選アンケート »

時も信じられない世論調査の内閣支持率の数字ですが、それでもとうとう共同通信社は内閣不支持率47・3%で支持率が43・6%前回調査(20日)から逆転したと報じました

何時も信じられない世論調査の内閣支持率の数字ですが、それでもとうとう共同通信社は内閣不支持率47・3%で支持率が43・6%前回調査(19、20日)から逆転したと報じました。これは、全国の地方で安倍内閣へのあまりの評判の悪さに、少しづづ世論の本音を報道し出したと思われます。

内閣不支持、初の逆転 「与野党伯仲を」微増 全国世論調査

(北海道新聞)
共同通信社は28、29両日、衆院選に向けた有権者の支持動向などを探る全国電話世論調査(トレンド調査、第2回)を実施した。内閣支持率が43・6%、不支持率47・3%となり、前回調査(19、20日)から逆転した。第2次安倍政権発足後、共同通信が実施した電話世論調査で不支持が支持を上回ったのは初めて。比例代表の投票先政党は自民党が28・0%、民主党10・3%で傾向は変わらなかった。望ましい選挙結果は「与党と野党の勢力が伯仲する」が53・0%と過半数を占めた。

 

内閣支持率が低下する一方、比例代表の投票先では自民党が堅調な結果となった。安倍政権の政策に不満が高まりながら、野党側が批判の受け皿になり得ていない現状を示しているとみられる。前回の内閣支持率は47・4%、不支持率が44・1%。支持政党が「ない」と回答した無党派層で「支持しない」が55・2%(前回51・7%)と増えたことも影響した。

 

比例投票先は自民党が前回比2・7ポイント増。民主党は0・9ポイント増だった。ほかに公明党4・6%(前回4・6%)、共産党4・4%(4・2%)、維新の党3・3%(3・1%)、社民党0・8%(0・9%)、次世代の党0・6%(0・1%)、生活の党0・3%(0・3%)。「まだ決めていない」が41・2%(44・4%)で、状況が変化する可能性がある。

 

小選挙区での投票先も、自民党29・4%(前回26・4%)、民主党10・8%(9・4%)などで大きく変わっていない。第2次安倍政権の経済政策で景気が良くなったと実感しているか聞いたところ「実感していない」が84・2%を占めた。 集団的自衛権 の行使容認など安倍政権の安全保障政策について「支持しない」が53・3%だった。

 

望ましい選挙結果で「与野党伯仲」は前回の51・4%から微増。ほかに今回は「与党が野党を上回る」が30・2%、「与党と野党が逆転する」が8・7%。憲法改正に反対は45・1%、賛成36・8%だった。

 

投票で最重視する課題は「景気や雇用など経済政策」35・1%、「年金や少子化対策など社会保障」27・4%、「財政再建」10・4%、「原発・エネルギー政策」8・2%、「憲法改正」4・1%の順だった。2


|

« 今回の総選挙で問われるものは先の選挙前に公約しなかった集団的自衛権の行使について憲法の解釈を変えて行使出来る様にした事に対する是非です | Main | この様な政党の考えを、選挙の投票に参考すべきです。自民候補、原発再稼働90%賛成 民主72%反対 衆院選アンケート »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 今回の総選挙で問われるものは先の選挙前に公約しなかった集団的自衛権の行使について憲法の解釈を変えて行使出来る様にした事に対する是非です | Main | この様な政党の考えを、選挙の投票に参考すべきです。自民候補、原発再稼働90%賛成 民主72%反対 衆院選アンケート »