« 最初からTPPはデキレ-スです、最後は殆ど米国の言う通り協議が進むと思われます。 | Main | 現在の地方創世法案などと抽象的な言葉を使わず、地方再生エネルギ-法案に変えるべきです »

北海道でもようやく住友林業・王子ホールディング・ス北海道ガスなどが家庭、企業向けの電力小売り事業に参入しはじめました

北電は何の企業努力もせずに、泊原発が再稼働出来ないと言って、大幅の電気代再値上げを申請して経済産業省から認可され、11月1日から値上げが始まります。しかし北海道でも新しい電力会社がだんだん出来つつあります。

何時までも殿さま商売をしている北電は今後、国の規制などの介入がなければ、新たな試練を迎える事は間違いが有りません。その時道民は殆ど北電を応援する事は無いと思われます。


北ガス、16年12月にも電力小売り 苫小牧のバイオマス発電参画

( 北海道新聞)

 

北海道ガスが2016年12月にも家庭、企業向けの電力小売り事業に参入する。同年からの電力小売り完全自由化を踏まえたもので、三井物産(東京)と総合木材業イワクラ(苫小牧)が苫小牧で計画する出力5千キロワット規模の木質バイオマス発電 事業に参画して電力を全量買い取り、小売りに充てる。これとは別に 液化天然ガス (LNG)基地を持つ石狩湾新港周辺を軸に建設を検討している出力10万キロワット規模の火力発電所は20年度までに稼働させる。

 

北ガスは自社の火発建設も含め出力最大50万キロワット規模の電力小売りを目指しており、道内の 都市ガス 会社で電力小売り参入の具体的な動きが出るのは初めて。

 

木質バイオマス発電所は三井物産やイワクラ、住友林業(東京)と共同で設立する新会社が建設し、16年12月にも稼働させる。家庭用で約7千世帯分の電力を賄える出力5千キロワット規模となる見通し。建設費は35億~40億円とみられ、イワクラ本社の隣接地に建設する。燃料となる年約6万トンのカラマツなどの間伐材は三井物産や住友林業の所有地などから調達する。新会社の資本金約5億円のうち三井物産が4割、北ガスを含む残り3社が2割ずつ出資する。

 

当初は14年度中に出力1万2千キロワットの発電所建設を目指していたが、間伐材確保や販路開拓に時間がかかるため、当面は出力5千キロワット規模に抑えた。電力小売りを担う北ガスの参画によって発電事業が軌道に乗れば、同規模の2基目を建設することも視野に入れる。

 

北ガスは現在のガス供給先の企業や家庭向けを中心に、都市ガスとセットで割引販売するなどして電力小売りの販路拡大を目指す。電力市場や自家発電する他社からの購入も含めて電力を調達する。

 

道内では、王子ホールディングス(東京)が15年7月から江別で出力2万5千キロワット、住友林業が16年12月から紋別市で5万キロワットの木質バイオマス発電所の稼働をそれぞれ目指している。

|

« 最初からTPPはデキレ-スです、最後は殆ど米国の言う通り協議が進むと思われます。 | Main | 現在の地方創世法案などと抽象的な言葉を使わず、地方再生エネルギ-法案に変えるべきです »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 最初からTPPはデキレ-スです、最後は殆ど米国の言う通り協議が進むと思われます。 | Main | 現在の地方創世法案などと抽象的な言葉を使わず、地方再生エネルギ-法案に変えるべきです »