« 北電は北海道民の生活や経済・社会が崩壊してもよいと考えている様です | Main | 福島原発事故に伴う除染から出た汚染物質の中間貯蔵施設候補地双葉、大熊両町長に対して施設使用の3010億円の交付金を拠出する方針は「最後はお金でしょ」でした »

北電はJALの様に国の管理にして、経営者に責任を取らせて健全な体質に戻した方が良いと思われます

「原発依存を見直せ」「自助努力も限界」―。北海道電力が7日に札幌市内で開いた 電気料金 再値上げに関する業界団体・自治体向け説明会では、北電以外で出席した9人のうち5人が発言し、北電に厳しい注文や質問が相次いだ事は当然の事です。こんな体質の電力会社はJALの様に国の管理にして、経営者に責任を取らせて健全な体質に戻した方が良いと思われます。

「原発依存見直せ」「上げ幅圧縮を」 再値上げ、北電説明会で注文続々

(北海道新聞)

「原発依存を見直せ」「自助努力も限界」―。北海道電力が7日に札幌市内で開いた 電気料金 再値上げに関する業界団体・自治体向け説明会では、北電以外で出席した9人のうち5人が発言し、北電に厳しい注文や質問が相次いだ。原発を再稼働させて経営を改善したいとの主張に対して、原発以外のエネルギーへの転換を促す意見が出たほか、電力コスト上昇による中小企業の経営悪化を心配する声も上がった。

 

札幌消費者協会の桑原昭子会長は、原発に依存する北電の経営を見直す必要性に言及し、「分散型電源や 再生可能エネルギー 普及の構想を示すことも必要ではないか」と述べた。札幌市街路灯組合連合会の小出正雄副会長も「『原発再稼働ありき』の経営ではなくて、それ以外で問題を解決する方法はないのか」とし、北電の経営方針に疑問を投げかけた。3度目の値上げを懸念する意見も続出した。札幌市女性団体連絡協議会の佐藤和子会長は「3度目の値上げがあったとしたら、利用者が耐えられないほど高い料金水準になるのではないか」と不安を口にした。

 

このほか、円安の進行で輸入資材費なども高騰するなか「自助努力の限界を超えており、上げ幅を圧縮してほしい」(北海道中小企業家同友会札幌支部の藤井幸一支部長=サンマルコ食品社長)、「値上げ分をすべては製品価格に転嫁できない」(北海道機械工業会の山口俊明専務理事)など、中小企業の窮状を訴える意見もあった。

 

説明会は、北電が団体・自治体の意見を聞くために開いた。北電は今後、同様の説明会を道内の支店ごとに開くほか、23日から9月5日にかけて一般向けの説明会も開く。


|

« 北電は北海道民の生活や経済・社会が崩壊してもよいと考えている様です | Main | 福島原発事故に伴う除染から出た汚染物質の中間貯蔵施設候補地双葉、大熊両町長に対して施設使用の3010億円の交付金を拠出する方針は「最後はお金でしょ」でした »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 北電は北海道民の生活や経済・社会が崩壊してもよいと考えている様です | Main | 福島原発事故に伴う除染から出た汚染物質の中間貯蔵施設候補地双葉、大熊両町長に対して施設使用の3010億円の交付金を拠出する方針は「最後はお金でしょ」でした »