« 米海兵隊臼別演習場(根室管内別海町など)で実弾射撃訓練の為沖縄駐留米海兵隊員約400人が19日根室市の花咲港から上陸 | Main | 福島原発事故の汚染水対策として、凍土壁工法が採用されたのは財務省が示した国費の投入前提条件に、「技術的難易度が高」いという事が有った為 »

電力会社は何時から住民を脅す様な会社に成ったのかと考えますと、それは昔からあった事です

北海道電力の高橋副社長が泊原発全3基(後志管内泊村)が想定と異なり2015年度中に再稼働しなかった場合、上げ幅をさらに4ポイント引き上げる必要があるとの試算結果を示した事は、原発を再稼働させなければ電気代をさらに上げると云う脅しです。

電力会社は何時から住民を脅す様な会社に成ったのかと考えますと、それは昔からあった事です。昔は、現在の様な契約より大きな電流が流れますと自動的に切れる契約電力のブレ-カ-が設置(昔は契約ブレ-カ-に契約アンペアのヒュ-ズが付いていた為に個人が簡単に大きなアンペアのヒュ-ズに交換する事ができた)されていませんでしたので、申請してある電気製品以外を使っていますと警察の様な態度で電気製品を没収していました。その様な電気を売ってやると云う会社の体質が現代まで引き継がれていると思われます。

泊再稼働が来年度中なければ 北電「値上げ幅4ポイント拡大」試算

08/20 北海道新聞

 

北海道電力の高橋賢友(けんゆう)副社長は19日、釧路市で開いた 電気料金 再値上げに関する自治体や経済・消費者団体向け説明会で、 泊原発 全3基(後志管内泊村)が想定と異なり2015年度中に再稼働しなかった場合、収支を均衡させるには上げ幅をさらに4ポイント引き上げる必要があるとの試算結果を示した。出席者からは3度目の値上げを示唆したとの受け止めも出たが、北電側は「現時点では考えていない」と否定している。

 

北電は13~15年度の発電経費(原価)を基に電気料金を算定している。再値上げについては、泊原発全3基が15年11月から16年3月にかけて再稼働すると想定し、家庭向けと企業向けの平均で19・57%の値上げを目指している。

 

高橋副社長は説明会で、原価算定期間の15年度までに原発が再稼働しなかった場合の値上げ幅の試算を問われ、4ポイント高い24%程度になると説明した。その上で「再稼働しなかったらまた値上げ、とは直結させたくない。計算すると4%(ポイント)に値するということ」と述べ、あくまで計算上の数値であることを強調した。

 

3度目の値上げの可能性について、川合克彦社長は再値上げ申請後の7月31日の記者会見で「通常考えられない」と否定している。

|

« 米海兵隊臼別演習場(根室管内別海町など)で実弾射撃訓練の為沖縄駐留米海兵隊員約400人が19日根室市の花咲港から上陸 | Main | 福島原発事故の汚染水対策として、凍土壁工法が採用されたのは財務省が示した国費の投入前提条件に、「技術的難易度が高」いという事が有った為 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 米海兵隊臼別演習場(根室管内別海町など)で実弾射撃訓練の為沖縄駐留米海兵隊員約400人が19日根室市の花咲港から上陸 | Main | 福島原発事故の汚染水対策として、凍土壁工法が採用されたのは財務省が示した国費の投入前提条件に、「技術的難易度が高」いという事が有った為 »