« 米国が仕掛けたイラク戦争を間違った戦争と今でも言えない日本は、軍事力を自国の個別的自衛権以外に使うものではありません | Main | 読売新聞の集団的自衛権の行使についての調査はどちらとも言えないと云う様な意見が、全て賛成にカウントされるとても危険なものでした »

集団的自衛権と集団安全保障を公明党との駆け引きだけで決められ、国民の声は置き去りです

集団的自衛権と集団安全保障を公明党との駆け引きだけで決められ、国民の声は置き去りです。こんないい加減なことで、本当に国民に安全保障の覚悟を持たせられるとはとても思えません。

集団的自衛権 与党協議迷走 論理破綻は覆いがたい

(北海道新聞)

 

集団的自衛権行使に向けた憲法解釈変更で、自民党が新たに、国連安全保障理事会決議に基づく集団安全保障措置への参加も可能にする方針を打ち出した。きのうの与党協議会で、日本と中東を結ぶシーレーン(海上交通路)の機雷除去に関し、国連決議に基づく除去作業にも参加できるようにするべきだと主張した。

 

安倍晋三首相が明確に否定した湾岸戦争やイラク戦争のような戦闘行為への自衛隊参加に道を開くものだ。断じて認められない。首相は今国会での憲法解釈変更を見送るが、7月上旬までに閣議決定する方針だ。だが与党協議では政府・自民党が泥縄式に提案を繰り出し、論理破綻は覆いがたくなっている。政府は閣議決定案を取り下げ、与党協議を打ち切るべきだ。

 

集団安保参加について首相の私的諮問機関は「憲法上の制約はない」との報告書をまとめたが、首相は「これまでの政府の憲法解釈と整合しない」とし、「武力行使を目的に(集団安保に)参加することはない」と明言していた。それなのに自民党が参加を言い出したのは、集団的自衛権に基づいて行う機雷除去が集団安保に移行した途端、自衛隊が撤退するという矛盾に気付いたからだろう。

 

だが集団的自衛権が他国を「守る」ことを目的とするのに対し、集団安保はルール違反した国を多国籍軍が「攻撃」するもので、同じ武力行使でも次元が異なる。集団的自衛権行使の是非をテーマにする与党協議の土台は崩壊したと言わざるを得ない。これまで政府は多国籍軍への後方支援で、他国の武力行使と一体化しないための4条件を示しながら、公明党の反発を受けるとすぐ撤回し、別の3条件を示した。

 

憲法解釈変更の根拠は当初、1959年の砂川事件の最高裁判決を援用したが、公明党の異論を受け72年の政府見解に変えた。この見解は、集団的自衛権行使は憲法上許されないと結論付けている。こんないいかげんな議論で、歴代政権が守ってきた憲法解釈を変えるなど到底認められない。

 

集団的自衛権行使ありきではなく、日本の安全確保には何が必要なのかという根本的なところからあらためて論議し直し、国会でも徹底的な議論を重ねる。政府・与党に求められるのは、そうしたまともな政策決定プロセスである。

|

« 米国が仕掛けたイラク戦争を間違った戦争と今でも言えない日本は、軍事力を自国の個別的自衛権以外に使うものではありません | Main | 読売新聞の集団的自衛権の行使についての調査はどちらとも言えないと云う様な意見が、全て賛成にカウントされるとても危険なものでした »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 米国が仕掛けたイラク戦争を間違った戦争と今でも言えない日本は、軍事力を自国の個別的自衛権以外に使うものではありません | Main | 読売新聞の集団的自衛権の行使についての調査はどちらとも言えないと云う様な意見が、全て賛成にカウントされるとても危険なものでした »