« 憲法学者の慶応大名誉教授小林節氏が安倍政権の憲法解釈の変更で集団的自衛権の行使は国民から憲法奪う暴挙と述べています | Main | 集団的自衛権と集団安全保障を公明党との駆け引きだけで決められ、国民の声は置き去りです »

米国が仕掛けたイラク戦争を間違った戦争と今でも言えない日本は、軍事力を自国の個別的自衛権以外に使うものではありません

米国が仕掛けたイラク戦争を間違った戦争と今でも言えない日本は、軍事力を自国の個別的自衛権以外に使うものではありません。政府は「集団的自衛権の行使は限定的にする」と言いますが、何の保証にもなりません。それどころか、政府は 集団安全保障の枠組みで中東地域の機雷除去をできるよう検討も始めました。

こんないい加減な政権に日本の防衛など任せていては、満州事変から太平洋戦争に突っ込んで言った戦前と同じ過ちを繰り返します。

行使「限定的」保証ない  漫画家・小林よしのり氏

(北海道新聞)

首相や(首相の外交ブレーンの)岡崎久彦元駐タイ大使は第1次政権時代から「日本は米国についていけば100年安泰」という思想の持ち主だ。米国にいの一番に抱き付いて、台頭する中国などから守ってほしいだけだと思う。

 

しかし、それは間違っている。米国が仕掛けたイラク戦争がいかにでたらめだったか。大義とされた大量破壊兵器は見つからず、事実上の侵略戦争だった。米国を支援した日本は、その戦争や自衛隊派遣が正しかったかどうか総括もしていない。集団的自衛権を行使できるようになれば、結果的に米国のための侵略戦争に加担することになる。

 

政府は「集団的自衛権の行使は限定的にする」と言うが、何の保証にもならない。それどころか、政府は 集団安全保障の枠組みで中東地域の機雷除去をできるよう検討も始めたようだ。憲法9条の範囲では考えられない。機雷除去と言うと平和的な行為に聞こえるが、機雷をまいた国と敵対することになる。普通に戦争する国になってしまうぞ。

 

政府が示した行使の具体的事例にしても、日本人を乗せた米艦船を自衛隊が守るなんてあり得ない。その状況なら米国の護衛艦が一緒に航行し、空母も近くに居座って 領空を制圧しているだろうから、日本が出て行く余地はないはずだ。

 

ワシは自主防衛論者だ。集団的自衛権の行使よりも、まず個別的自衛権を徹底的に強化し、憲法9条の範囲をどうしても超えるようであれば、その時は憲法を改正すればいい。

 

米国が沖縄県・ 尖閣諸島の問題で中国と戦う気があるか怪しいものだ。自分の国は自分で守る覚悟を示してこそ、米国も初めて「じゃあ軍を出そうか」と考えるのではないか。首相はその覚悟を示し、国民にどう考えるかを問わなければならない。

 

改憲派のワシからみれば、 憲法解釈の変更による行使の実現は筋道としておかしい。解釈でどうにでも変えられるようになれば、憲法は形骸化し、改憲自体が意味をなさなくなる。行使をめぐるいまの議論はばかばかしいと思うが、憲法は権力を縛るためにあるという「立憲主義」を破壊する危険性をはらんだ問題でもある。


|

« 憲法学者の慶応大名誉教授小林節氏が安倍政権の憲法解釈の変更で集団的自衛権の行使は国民から憲法奪う暴挙と述べています | Main | 集団的自衛権と集団安全保障を公明党との駆け引きだけで決められ、国民の声は置き去りです »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 憲法学者の慶応大名誉教授小林節氏が安倍政権の憲法解釈の変更で集団的自衛権の行使は国民から憲法奪う暴挙と述べています | Main | 集団的自衛権と集団安全保障を公明党との駆け引きだけで決められ、国民の声は置き去りです »