« 6月9日、小沢一郎代表が定例の記者会見要旨 | Main | 「平和ボケ」同士の「ボケボケ」党首討論:田中良紹国会探検 »

中国が自衛隊機が中国軍機に異常接近したと発表しました、戦争とは何時もこの様にして起こるものです

日本は先日中国軍機が自衛隊機に異常接近したと発表しましたが、今度は中国が自衛隊機が中国軍機に異常接近したと発表しました。どちらも正当と主張していますが、戦争とは何時もこの様にして起こるものです。

中国 異常接近を否定し映像公開

2014年(平成26年)6月12日[木曜日]NHK NEWSWEB

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140612/k10015180891000.html

東シナ海の日中中間線付近で11日、自衛隊機が中国軍の戦闘機から一時、およそ30メートルまで異常に接近されたことについて、中国国防省は12日、事実関係を否定したうえで、逆に中国軍機が自衛隊機に接近されたとする映像を公開しました。

11日昼ごろ、東シナ海の日中中間線付近で、航空自衛隊のYS11電子測定機と海上自衛隊のOP3C画像データ収集機が、中国軍の戦闘機から一時、およそ30メートルから45メートルまで相次いで異常に接近されたと防衛省が発表しました。これについて、中国国防省の耿雁生報道官は12日、談話を発表し「国際社会をだまし、わが国の軍のイメージを損い地域の緊張を作り出すものだ」と日本を強く批判したうえで、中国軍機は自衛隊機と150メートル以上の距離を保ち、抑制的に操縦していたなどとして事実関係を否定しました。

さらに、これとは別に「11日午前、中国空軍の航空機Tu154が、中国の防空識別圏をパトロール中に、自衛隊のF15戦闘機2機に一時30メートルまで接近され、安全な飛行に重大な影響が出た」として、これを撮影したとするおよそ1分半の映像をホームページ上で公開し、中国側の主張を内外に宣伝しています。

防衛相「中国は大国としての対応を」

小野寺防衛大臣は防衛省で記者団に対し、「映像を見たが、中国側が主張するような事実はなく、自衛隊機は一定の距離を取って安定した飛行をしている。自衛隊機に対して中国の戦闘機が接近した事案に何らかの後ろめたいことがあるので、映像をわざわざ公開したのではないか。中国には大国としての対応をしていただきたい」と述べました。
そのうえで小野寺大臣は「大切なのは日中の防衛当局間で連絡を取り合う『海上連絡メカニズム』を作ることだ。不測の事態を起こさないためにも、改めて中国側に要請したい」と述べました。Photo


2


|

« 6月9日、小沢一郎代表が定例の記者会見要旨 | Main | 「平和ボケ」同士の「ボケボケ」党首討論:田中良紹国会探検 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 6月9日、小沢一郎代表が定例の記者会見要旨 | Main | 「平和ボケ」同士の「ボケボケ」党首討論:田中良紹国会探検 »