« 北電泊原発の再稼働が現実味を帯びてきた現在、政府に判断を丸投げしたままの高橋はるみ知事は単なる官僚の下請けの様に見えます | Main | 昨年行われた北海道電力の電気代の値上げはオール電化住宅を狙い撃ちし、ドリ-ム8とうたって、オール電化住宅を推進してきた北海道電力の詐欺的行為です »

野党再編は一番大事なエネルギ-・防衛・官僚改革で一致しなければなりません

野党再編は数合わせを行っても、民主党の様に党内で抗争が起きるだけです。一番大事なエネルギ-・防衛・官僚改革で一致しなければなりません。この様な問題で明確に政策を打ち出しているのが小沢一郎です。

小沢一郎の政策は完全に現政権に対峙するものです。現政権すりよる様な野党はいりません。また、非現実的な政策を掲げる政党も必要ではありません。

野党再編の迷走 数合わせの発想捨てよ(北海道新聞)

 

野党再編の動きが混迷気味だ。 日本維新の会と結いの党は今夏にも合流を目指す方向となっている。しかし政策面で折り合うめどは立たない。数合わせの発想が先行しているのではないか。 野党第1党の民主党も野党を束ねる力が足りない。このままでは巨大与党を利するだけだろう。

 

いま野党に求められるのは、安倍晋三政権の問題点を鋭く突き、独走を抑えることだ。党利優先の離合集散に国民の多くがうんざりしている。野党再編は理念と政策の一致を前提に進めるべきだ。 維新と結いは参院で統一会派を結成した。より大きな目標は衆院での統一会派だ。実現すれば民主党を抜いて野党最大会派となるからだ。数重視の連携と言える。 維新は憲法を「国家・民族、国民の自立を損なわせしめた占領憲法」と位置づけ、ほぼ全否定する。結いは「戦後、日本国憲法が果たしてきた役割を正当に評価する」との立場で相いれない。

 

理念を置き去りにした政党合流は長続きしない。数の上で国会運営が少しは有利になるかもしれない。その一方で個別の政策をめぐる党内対立を招くのは必至だ。与党は改憲や原発・エネルギー政策など、次々と重要課題を投げかけるだろう。そのたびに党内が紛糾するのでは与党への対抗勢力にはなり得ない。維新はすでに深刻な内部対立を抱えている。 共同代表の橋下徹大阪市長は、結いの江田憲司代表がみんなの党の幹事長だったころから連携を模索してきた。一方、石原慎太郎共同代表は、結いとの合流に否定的で、みんなとの連携を目指す。

 

理念で一致していない合流構想に、結いと「犬猿の仲」にあるみんなが加われば野合でしかない。 混迷の背景には野党第1党である民主党の存在感の薄さがある。野党4党が共同歩調をとった衆院鹿児島2区補選での敗北に、民主党の指導力不足が表れた。政党間の連携で最後の難関となるのは選挙協力である。民主党は党内に大量の落選組を抱え、他の野党と競合する選挙区が多い。このまま選挙に臨めば共倒れを招くのは目に見えている。今後の選挙に備えて野党間の調整に乗り出す必要があろう。

 

民主党では再編のキーマンの一人と目される細野豪志前幹事長らが新グループを立ち上げた。党外の再編論議は流動的で、結集軸が見えない。今は政策論議を深めて党を立て直すのが先だろう。

|

« 北電泊原発の再稼働が現実味を帯びてきた現在、政府に判断を丸投げしたままの高橋はるみ知事は単なる官僚の下請けの様に見えます | Main | 昨年行われた北海道電力の電気代の値上げはオール電化住宅を狙い撃ちし、ドリ-ム8とうたって、オール電化住宅を推進してきた北海道電力の詐欺的行為です »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 北電泊原発の再稼働が現実味を帯びてきた現在、政府に判断を丸投げしたままの高橋はるみ知事は単なる官僚の下請けの様に見えます | Main | 昨年行われた北海道電力の電気代の値上げはオール電化住宅を狙い撃ちし、ドリ-ム8とうたって、オール電化住宅を推進してきた北海道電力の詐欺的行為です »