« 2013年の経常黒字は過去最少の3.3兆円と云うニュ-スから、今回の都知事選の脱原発論争について考えてみました | Main | 福島原発事故以前は共産党は原発推進政党でした(共産党の原子力政策についての変遷) »

日本の民主主義は生き返ることが出来るか 田中良紹ジャ-ナリスト


日本の民主主義は生き返ることが出来るか 

(田中良紹 ジャ-ナリスト)より転載します

2014年2月11日 


東京都知事選挙は投票率が50%を切る過去3番目の低い数字となった。一昨年の衆議院選挙と昨年の参議院選挙に続いてまたもや有権者は政治に背を向けた。私はそこに09年政権交代の失敗に懲りて、国家のありようを変えることへの恐れと、その反動で目先の利益に走る有権者の心理を見る。

東京都知事選挙での自公戦略は、アベノミクスの「第四の矢」ともいうべき東京オリンピックを前面に押し出すことであった。評判の悪い「第三の矢」をそれによってカバーし、国民に経済成長の期待感を持続させるためである。それにはソチ・オリンピックが開催されている時期、国民がオリンピックのテレビ中継に目を奪われる時期に投票日を設定する必要があった。

徳洲会から猪瀬前知事への裏金を検察がメディアにリークした時、私はオリンピック組織委員会会長の座を巡る猪瀬氏と森元総理の確執が背景にあると思った。オリンピック招致が決まってからの猪瀬氏は安倍政権から邪魔扱いされ、それが組織委の人事を巡る対立に発展していたからである。

かつて特捜部を取材した経験で言えば、特捜部の捜査の背景には必ず政治権力の意図が存在する。検察のリークは猪瀬氏の排除を目的としていた。しかしすぐに猪瀬氏が都知事を辞職されても困る。都知事選挙の日程をソチ・オリンピックに合わせなければならないからである。絶体絶命となった猪瀬氏は権力側からの要請を受け入れ、汗を流して無様な答弁を繰り返しながら、投票日をオリンピック期間に合わせられる時期まで辞職を踏みとどまった。私にはそのように見えた。

自民党が推薦した舛添要一氏は自民党が除名した人物である。それを自民党が担いだのは公明党・創価学会対策である。国政に於いて公明党を引き付けるため、自民党は公明党の意中の候補である舛添氏を担ぐことにした。

こうして舛添氏は森元総理がオリンピック組織委会長に就任する同じ日に東京オリンピックを前面に出馬表明を行うシナリオとなった。その日のメディアは自公の意図通りに「第四の矢」を国民に印象付ける報道をする筈であった。ところが現実はそうならなかった。

小泉元総理がその日に合わせて細川元総理と会食し、記者団の前に現れてツー・ショットの映像を撮らせ、事実上の出馬表明を行ったからである。これは明らかに自公の戦略に戦いを挑むものである。だから森元総理は不快感を露わにした。

私には細川氏の出馬を知って小泉氏が支援を表明したのではなく、小泉氏が細川氏を口説いて出馬に踏み切らせたように見えた。この選挙は細川対舛添の選挙ではなく、小泉氏がもう一度「自民党をぶっ壊し」、安倍政権が進めている政治を根底から覆す選挙である。自公は相当の衝撃を受けたはずである。激しいネガティブキャンペーンが始まると私は予想した。

実際にネガティブキャンペーンは他の候補には向かわずに細川氏を狙い撃ちに、「政治とカネ」や高齢などを材料とする攻撃が行われた。また無党派層を狙う細川陣営に対し、選挙を盛り上げさせない戦略も採られた。メディアはこの選挙をあくまでも地方選挙とし、選挙争点を多角化し、国家のありようを変える選挙になるとは言わなかった。

細川氏と小泉氏が二人並んでメディアの前に立った1月14日までは、この選挙が首長選挙の枠を超え、国家のありようを根底から問う選挙になる可能性があった。細川・小泉連合が勝利すれば安倍政権は行き詰まり、政治の世界は流動化する。そして日本は本腰を入れて再生可能エネルギーと省エネ技術の開発に取り組まざるを得なくなる筈であった。

それは決して非現実の話ではない。焼け野原から戦後復興が始まったように、覚悟さえ決めればゼロからでも挑戦し、成果を上げる力が日本人にはある。ところが14日の直後からなにやら様子がおかしくなった。およそ1週間にわたって細川氏の国民への発信がなくなり、「政治とカネ」の問題で表に出れないとか、支援者間で内紛があるとかの報道が相次いだ。

残念だがそれで細川・小泉連合の選挙は終わったと私は思った。妙な話だが選挙は始まる時には終わっているというのが日本の選挙である。世界に例のない珍奇な日本の公職選挙法は、他国のように選挙をお祭り騒ぎにすることを禁じている。選挙は始まる前が勝負で、始まった時には終わっているのである。

こうして私が「前に進むか、後ろに戻るか、その第一の岐路」と位置付けた東京都知事選挙は自公の推す舛添要一氏が当選し、細川氏は3位に終わった。自公は胸をなでおろしたに違いない。結果が思ったほどではないと思ったのか、自民党の中からは「小泉神話は終わった」とか「過去の人」という声も聞こえてきた。

そして各社の出口調査では有権者の関心が「景気、雇用、福祉」などに集中し、「原発、エネルギー」には向かわなかったと言われている。それが事実なら日本人は目先の利益に目を奪われ、未来の利益を見通す力を持てなくなっているという事だ。それは今回敗れた二人の老人に再びやる気を起こさせる。

老人には日本の姿が俯瞰で見える。そして目先しか見えない人間を導くのは老人の役目だと思っている。未来の利益に向けた戦いの準備を老人たちはまた始めると思う。

|

« 2013年の経常黒字は過去最少の3.3兆円と云うニュ-スから、今回の都知事選の脱原発論争について考えてみました | Main | 福島原発事故以前は共産党は原発推進政党でした(共産党の原子力政策についての変遷) »