« 東京都知事選挙は脱原発が争点に成りそうですが、その前にエネルギー基本計画の原案をもっと詳しく知るべきです | Main | 日本には原発に変わりエネルギ-問題を解決する高効率でCo2も最小限に抑える事が出来る優れた最新式石炭火力発電が有りますがあまりその事は報道されません »

産経新聞や共産党の機関紙赤旗などは細川氏は当面は原発維持と批判していますが田中秀征元首相特別補佐が20年を目標年にして、脱原発を軸に東京、日本を変えると述べました

産経新聞や共産党の機関紙赤旗などは細川氏は当面は原発維持と批判していますが、今日の北海道新聞に田中秀征元首相特別補佐のインタビュ-が掲載されていました。その中身は「20年を目標年にして、脱原発を軸に東京、日本を変え、五輪時に(国際社会への)手本として示す」と明言し、細川氏が当選すれば」「原発再稼働は絶対できなくなる」と強調しました。

同時に「再稼働しないということは 『原発ゼロ』だ」と述べ、細川氏と、同氏を支援する小泉純一郎元首相は「原発ゼロ」で一致していると説明しました。細川氏は脱原発や東日本大震災の被災地にも配慮した五輪開催、防災都市の整備、少子一高齢化対策などを公約の柱にする方針で、小泉純一郎元首相とタッグを組み、脱原発を前面に選挙戟を展開する戦略は変わらないが、「都民にとっては原発だけが都政課題ではない」(自民党ベテラン)などの批判を踏まえ、脱原発以外の政策も訴えると述べました。

都知事選、細川氏22日に出馬会見 

(北海道新聞1月18日)

 

東京都知事選(23日告示、2月9日投開票)に立候補する細川護熙元首相(76)の出馬記者会見は22日午後に行われることが18日、分かった。陣営関係者が明らかにした。 細川氏は20日に記者会見する方向で検討していたが、陣営関係者は「有権者に公約を強くアピールするため、告示直前がいいと判断した」と話している。

脱原発五輪までに道筋 都知事選 細川氏、公約

(北海道新聞)

東京都知事選(23日告示、2月9日投開票)に立侯補する細川護煕元首相(76)は、東京五輪が開催される2020年までに脱原発の道筋を具体化すると打ち出す意向を固めた。細川氏側近の田中秀征元首相特別補佐が17日、共同通信のインタビューで明らかにした。細川氏は22日に立侯補を正式表明し、公約を示す。

 

田中氏はインタビューで「20年を目標年にして、脱原発を軸に東京、日本を変え、五輪時に(国際社会への)手本として示す」と明言。細川氏が当選すれば」「原発再稼働は絶対できなくなる」と強調した。同時に「再稼働しないということは 『原発ゼロ』だ」と述べ、細川氏と、同氏を支援する小泉純一郎元首相は「原発ゼロ」で一致していると説明した。

細川氏は脱原発や東日本大震災の被災地にも配慮した五輪開催、防災都市の整備、少子一高齢化対策などを公約の柱にする方針。小泉純一郎元首相とタッグを組み、脱原発を前面に選挙戟を展開する戦略は変わらないが、「都民にとっては原発だけが都政課題ではない」(自民党ベテラン)などの批判を踏まえ、脱原発以外の政策も訴える構えだ。

関係者によると、細川氏は22日の記者会見で、佐川急便からの借金問題で国民の信頼を裏切ったとして陳謝する方向で調整。五輪招致に消極的な姿勢を見せた過去の発言を釈明する見通しだ。

 

これに関し、安倍晋三首相は17日、日本記者クラブの会合で都知事選について「責任を持って東京五輪の事業を進めていくことができる人物でなければならない」と述べ、細川氏をけん制した。 

 

細川氏はジャーナリストの他上彰氏が昨年出版した著書のインタビュ-の中で「安倍さんが『オリンピックは原発問題があるから辞退する』と言ったら、日本に対する世界の評価は、もう格段に違ったものになっていたと思う」などと語っていた。

|

« 東京都知事選挙は脱原発が争点に成りそうですが、その前にエネルギー基本計画の原案をもっと詳しく知るべきです | Main | 日本には原発に変わりエネルギ-問題を解決する高効率でCo2も最小限に抑える事が出来る優れた最新式石炭火力発電が有りますがあまりその事は報道されません »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 東京都知事選挙は脱原発が争点に成りそうですが、その前にエネルギー基本計画の原案をもっと詳しく知るべきです | Main | 日本には原発に変わりエネルギ-問題を解決する高効率でCo2も最小限に抑える事が出来る優れた最新式石炭火力発電が有りますがあまりその事は報道されません »