« 1週間前の全国の世論調査では一部のマスコミを除いて、内閣支持率が50%を下回っていましたが、1週間後には55%以上に成っています | Main | 自民党は政権交代したとたん「人からコンクリートへ」先祖がえりをしました »

米国の17農業団体がTPPから「日本を外せ」と本音を言いだしました

TPP交渉で日本は聖域である重要5農産物を毅然として守ると言っていますが米国の17農業団体が言ったTPPから「日本を外せ」と云う本音を聞いても、本当にそれができるでしょうか。沖縄の自民党国会議員を見ましても、普天間は県外と云う公約で当選した議員が、簡単にその公約を捨て去った現状を見ていますと、とても国民との約束を守れるとは思えません。

現在、オバマ政権は議会とのねじれで、法案が通らず財政運営も窮地に立たされています。これも全て日本の協力が無い為と云う姿勢で最後はオバマ大統領から、米国の中間選挙を有利に進める為に、要請ではなく命令が来た時には安倍政権は簡単に応じてしまうと思われます。

TPP「日本を外せ」 米国の17農業団体がUSTRへ書簡

(北海道新聞12月25日)

米国の主要17農業団体が連名で、環太平洋連携協定(TPP)交渉で重要5農産物の聖域化を目指す日本について「(現状のままでは)交渉から外すことを検討すべきだ」とする強硬な内容の書簡を、米通商代表部(USTR)のフロマン代表に送っていたことが24日、明らかになった。農業団体は議会などで強力なロビー活動を行っており、TPP交渉に影響を与える可能性もある。

 

17団体は米農業連合会のほか、米ライス連合会や米穀物協会、米食肉協会などで、18日付で送付した。書簡はTPPへの支持を表明した上で、日本がコメや牛肉・豚肉など5品目を関税撤廃の例外とする方針を掲げていることについて「裕福な先進国にもかかわらず、農業分野で特別扱いを要求している」と批判。

 

その上で「TPP参加国すべては農業分野で広範囲にわたり自由化しなければならない。日本が筋の通らない農業保護を主張し続けるなら、TPPから外すことを検討するよう求める」と要求した。

|

« 1週間前の全国の世論調査では一部のマスコミを除いて、内閣支持率が50%を下回っていましたが、1週間後には55%以上に成っています | Main | 自民党は政権交代したとたん「人からコンクリートへ」先祖がえりをしました »