« 橋下徹、生まれて初めて真っ当発言 こういう時は目一杯褒めてやろうじゃないか | Main | ようやく一般紙が安倍内閣の露骨なNHK人事への介入を批判しました »

現在行われています無人飛行機の攻撃は米国もテロ国家以上の非人道的殺戮国家です

米国などがイスラム武装勢力を掃討するために行っている無人飛行機の攻撃で民間人が450人以上が犠牲になっていますが、これはテロとの戦いでは無く、米国の無人飛行機の実験とによる無差別の殺戮です。

米国は第二次世界大戦でも日本で使用しなくてもよい原子爆弾を実験の為に使いましたが、現在行われています無人飛行機の攻撃は米国はテロ国家以上の非人道的殺戮国家と云う事が実証されました。

無人機攻撃 市民の殺傷は言語道断

(北海道新聞社説11月10日)

 

国家による無差別殺傷にほかならない。米国などがイスラム武装勢力を掃討するために行っている無人飛行機攻撃で、国連はパキスタン、アフガニスタンでは2004年以降、民間人450人以上が犠牲になったとする中間報告をまとめた。 パキスタンでの攻撃は同国の同意もなく、主権侵害の恐れがあると指摘している。

 

無人機攻撃を正当化するオバマ政権は「テロとの戦い」ならば何をやってもいいと考えているのだろうか。超大国のおごりにほかならない。即時中止すべきだ。報告書は、対テロと人権の関係を担当するエマーソン特別報告者の調査を基に作成された。 パキスタンでは北西部の部族地域で330回以上の無人機攻撃で2200人以上が死亡し、このうち少なくとも400人は市民だった。アフガンでの民間人死者も58人に上る。

 

無人機攻撃は米中枢同時テロ後、米国や英国が国際テロ組織アルカイダ掃討のために拠点のアフガンやパキスタンで本格的に開始した。遠隔操作で攻撃するため人的損害がなく、対テロ戦線の縮小を急ぐオバマ政権下で急増した。中東イエメンなどでも行われている。誤爆などで市民の巻き添えが後を絶たず、国際人道法違反との批判が強い。自国民以外の犠牲は仕方ないと考えるなら身勝手極まりない。

 

オバマ大統領は今年5月、運用を厳格にすると表明した。だが「容疑者」であっても逮捕し公判を行わず、殺害すること自体問題だ。報告書は米国を名指しし、攻撃のデータや正当性を示すよう求めた。米国は回答を保留したままだ。報告書の公表後、イスラム武装勢力「パキスタンのタリバン運動(TTP)」指導者が米無人機のミサイルで殺害された。

 

シャリフ首相は武装勢力と対話を通じてテロをなくす意向を示し、TTPと交渉を始めたばかりだった。米国を強く非難したのは当然だ。パキスタンで女子教育の必要性を訴えてTTPに銃撃されたマララ・ユスフザイさんは先月、オバマ大統領との会見で「無人機攻撃はテロを助長する」と強く批判した。イスラム世界で米軍の無謀な軍事行動が反米感情を激化させ、さらなるテロを招く悪循環になっている。

 

イスラム武装勢力は失業中の若者や貧困層出身者らが大半だ。教育や職業訓練を通じ、社会復帰させることがテロ根絶への近道である。各国が攻撃用無人機の開発・配備を進めている。ロボット兵器を含め、使用を禁止する国際的な取り組みが求められる。

|

« 橋下徹、生まれて初めて真っ当発言 こういう時は目一杯褒めてやろうじゃないか | Main | ようやく一般紙が安倍内閣の露骨なNHK人事への介入を批判しました »