« マスコミは巨大与党が出来た時こそ、政権のチェック果たさなければ、政権は暴走してしまいます大手新聞やテレビからその様な声が聞こえないのはとても危険な事です | Main | 安倍晋三首相は今回の臨時国会をデフレ脱却に向けた「成長戦略実行国会」と言っていますが、中身は殆ど企業の優遇税制ばかりです »

北海道の優れた農法を日本だけでなく北方の国々にも適用できると現在ロシアのアム-ル地方で北海道農法の試験栽培がおこなわれています

約100年前に北海道の開拓は始まりました。その当時北海道の開拓に入植した人々は北米から農法を学び、さらにその農法を発展させる努力をした事が現在の北海道の農業の基礎になっていると思います。また、その農法は北海道に適した農法が開発されて、酪農、畑作、米作で食料自給率約198%を達成しています。

また極寒の地においてこれだけの作物を生産出来る北海道の農法はとても優れ、日本だけでなく北方の国々にも適用できるものです。その事を実証しようと、現在ロシアのアム-ル地方で、北海道農法の試験栽培がおこなわれています。

この様な努力も、TPPに参加すれば、ニュ-ジ-ランドやオーストラリア・米国から米・穀物・酪農製品が輸入されて、壊滅的な打撃を受けると思います。

北海道農法、アムールで成果 道銀が試験栽培、大豆の収量大幅増

(10/16 北海道新聞)


イメージ 1


 【ブラゴベシチェンスク(ロシア極東アムール州)相内亮】ロシア極東アムール州で北海道の農業技術を取り入れた大豆とソバの試験栽培を5月に始めた北海道銀行は14日、1年目の栽培結果を現地で日本の報道機関に公開した。大豆の収量は従来を大きく上回る見通しで、道銀は「北海道農法導入の効果がはっきり出た」としている。

 

試験栽培を行ったのはアムール州州都ブラゴベシチェンスク近郊のウラジーミル農場。北海道の1戸当たり平均の150倍以上になる3500ヘクタール(休耕地を除く)の大規模農地を経営する。うち100ヘクタールで大豆、250ヘクタールでソバを栽培した。栽培の事業母体として道銀と道内農業者らが5月に設立した農業会社HRAC(ハラック)の農業技術者がほぼ毎月現地に入り、ロシア人に栽培指導を行った。

 

種まき前には根がよく伸びるようにと現地のやり方より2倍以上深い、北海道と同等の地下20センチ程度まで土を起こした。現地ではこれまで無肥料栽培が行われてきたが、ロシア国内で認可された肥料を少なめに与えた。

 

14日は積雪のため予定していた大豆の収穫作業が見送られた。このため正確な収量はまだ分からないが、道銀が9月上旬に行った調査では、北海道農法で育った大豆の茎1本に実ったさやの数の平均はロシアの従来農法の2倍以上の27個。現地指導に当たった道銀地域総合研究所の下田純司主任研究員は「収量は全体で1・5倍程度にはなるのではないか」とみている。

|

« マスコミは巨大与党が出来た時こそ、政権のチェック果たさなければ、政権は暴走してしまいます大手新聞やテレビからその様な声が聞こえないのはとても危険な事です | Main | 安倍晋三首相は今回の臨時国会をデフレ脱却に向けた「成長戦略実行国会」と言っていますが、中身は殆ど企業の優遇税制ばかりです »