« 北海道は再生エネルギ-の潜在能力が非常に高い地域です送電網・変電所などを早急に設備する為に北海道を日本の再生エネルギ-特区にするべきです | Main | 田代氏の検察の不起訴に対して検察審査会の議決携わった検審補助弁護人は検事時代に脱税をしようとして戒告処分を受けていた人物でした »

政府は緊急時に在外邦人を救出するために自衛隊による陸上輸送を可能とする自衛隊法改正案を閣議決定しましたがはたしてそれは可能でしょうか

政府は緊急時に在外邦人を救出するために、自衛隊による陸上輸送を可能とする自衛隊法改正案を閣議決定しましたが、はたしてそれは可能でしょうか。相手国の了解があった場合も、内戦状態であれば、陸自だけで邦人を救出する事は不可能です。

米国の様に偵察衛星や空母からの航空機の支援が無ければ必ず陸路では戦闘に遭遇すると思われます。本気で在外邦人を救出するため、自衛隊による陸上輸送行おうとするなら、救出を行う国で戦闘状態に成る覚悟を持って行かなければ、何のために自衛隊を派遣するか解りません。

自衛隊の海外での活動の実績作りの為に在外邦人を救出と云う名目で自衛隊による陸上輸送を可能とする自衛隊法改正案なら、それはとても危ない火遊びと同じです。

自衛隊の陸送 武器使用の懸念消えぬ(北海道新聞社説5月6日)
政府は、緊急時に在外邦人を救出するため、自衛隊による陸上輸送を可能とする自衛隊法改正案を閣議決定した。今国会中の成立を目指す。
 
飛行機と船舶に限っていた輸送手段に車両を追加する。 1月のアルジェリア人質事件を受けて、与党が法改正を安倍晋三首相に求めていた。 だが、いかにも拙速ではないか。
 
空港や港を離れて日本に帰国する状況と違い、治安の不安定な外国の領土に自衛隊車両を走らせるとなれば、不測の事態による武器使用につながる恐れがあるからだ。 相手国政府が自衛隊車両を受け入れるかどうかという問題もあり、実効性にも疑問が出ている。
 
国会で慎重に審議すべきだ。 国民の生命、財産を守ることは政府に課せられた責務だ。海外で危険に巻き込まれたり、情勢が不安定となった国に残されたりした邦人の退避に全力を挙げることは当然だ。
 
ただ、自衛隊派遣は憲法9条が禁じる海外での武力行使につながりかねないため、慎重な法改正を重ねてきた。1994年に航空機を認めて当初は政府専用機を活用し、その後輸送機や艦船に広げた。
 
自民党は以前から自衛隊が陸上輸送もできるようにすべきだと主張していた。だが政府は、戦闘行為に発展する可能性が高いとして見送ってきた。 アルジェリアの事件があり、政府・与党は今なら世論の反対も少ないと判断して法改正に乗り出したのだろうが、憲法に関わる問題だけに冷静な議論が必要だ。
 
情勢不安定な外国領では邦人や自衛隊員の安全を図る必要がある。陸上輸送は飛行機や船の場合と異なり武器を使う可能性が格段に高まる。 自民党は武器使用基準の緩和もセットで法改正する考えだったが、公明党が難色を示し見送られた。
 
改正案は輸送条件について「安全に輸送できると認めるとき」などと与党案より厳格化した。そのような状況であれば関係国に委ねられると考えられ、自衛隊車両は必要ない。 派遣したとしても、自衛隊が陸上活動した実績づくりにとどまろう。やはり危険だから武器使用も認めようと、なし崩しの基準緩和につながりかねない。
 
事実、防衛省内には「武器使用基準を緩和しないで任務を拡大しても対応は難しい」との声がある。 平和憲法を持つ日本として、海外では相手国の協力や友好国との連携を基本とすべきだ。自衛隊の海外派遣に対するアジア各国の視線はなお厳しい。安易な活動拡大は戒めなくてはならない。

|

« 北海道は再生エネルギ-の潜在能力が非常に高い地域です送電網・変電所などを早急に設備する為に北海道を日本の再生エネルギ-特区にするべきです | Main | 田代氏の検察の不起訴に対して検察審査会の議決携わった検審補助弁護人は検事時代に脱税をしようとして戒告処分を受けていた人物でした »