« 原発の廃炉作業にかかる費用の仕組みを早急に作るべきです | Main | 10年間で農業・農村所得を倍増させると安倍総理が述べましたが北海道はすでに日本の中で一番大規模農業を行っている地域でこれ以上の規模拡大には限界です »

最近の主要都市(青森・名古屋)の市長選挙で内閣支持率70%を超える自公の与党候補が、大きく負けています

最近の主要都市(青森・名古屋)の市長選挙で内閣支持率70%を超える自公の与党候補が、大きく負けています。今回も埼玉県のさいたま市で反自民で固まった清水氏が自公推薦の候補を破って当選しました。

この結果を見ますと本当に安倍内閣が70%も支持されているのでしょうか。マスコミの何時もの支持率捏造報道ではないでしょうか。

さいたま市長選:清水氏が再選
(毎日新聞 2013年05月20日 )

任期満了に伴うさいたま市長選は19日投開票され、現職の清水勇人(はやと)氏(51)が前県議で自民党県連幹事長の長沼威(たけし)氏(63)らを破り、再選を果たした。 投票率は37.98%(前回42.78%)。
 
清水氏は行財政改革や情報公開など1期目の実績を強調。特定の政党から推薦・支持を受けず、前回支援を受けた民主支持層を固め、自民支持層も切り崩した。
 
◇さいたま市長選確定得票数
当171,876清水 勇人<2>無現
 118,362長沼  威 無新=[自][公]
  53,513吉田 一郎 無新
  24,834大石  豊 無新=[共]
 
【略歴】清水 勇人(しみず・はやと)51 無 現<2>[元]県議▽共栄大客員教授[歴]松下政経塾生▽衆院議員秘書▽日大

|

« 原発の廃炉作業にかかる費用の仕組みを早急に作るべきです | Main | 10年間で農業・農村所得を倍増させると安倍総理が述べましたが北海道はすでに日本の中で一番大規模農業を行っている地域でこれ以上の規模拡大には限界です »