« 板垣 英憲氏がブログで田中眞紀子文科相の3大学新設不認可について解説しています | Main | 検察は何故捏造までして小沢一郎を犯罪人として政界から葬ろうとしたのか »

F35ステルス戦闘機日本が共同製造参入へ

私は基本的には軍事力の増大には反対の立場ですが、軍事力の質の向上には賛成の考えです。近年中国海軍の増強が強調されていますが、海軍は空軍の支援が有ってこそ有効なものに成ると思われます。

空母などは、空母機動部隊の駆逐艦やイージス艦、対潜哨戒機、艦載機無しでは全く役に立ちません。それに近年性能が向上していますステルス機無しでは、張り子の虎と成ってしまいます。日本が具体的にF-35の共同製造に参入し、次期支援戦闘機として配備を行えば、日本近海で、圧力を強めています中国海軍も一歩引いた体制に成らざるを得ないと思います。

F35ステルス戦闘機、日本が共同製造参入へ
(読売新聞 11月8日)
 政府は8日、航空自衛隊の次期主力戦闘機(FX)として2016年度に導入する最新鋭ステルス戦闘機F35に関し、17年度以降、米英などの企業が行う部品製造への国内企業参加を認める方針を固めた。 野田首相と森本防衛相ら関係閣僚による会議を9日にも開き、こうした方針を決定する方向で調整している。欧米諸国などとの国際共同開発や生産への参加は、昨年12月の武器輸出3原則の緩和によって可能になっていたが、初の具体的事例となる。

F35の部品製造に日本企業が参加すれば、国産の防衛技術力の維持・向上にもつながる。航空産業は、日本国内では関連企業が多く、すそ野が広いため、経済効果が期待できる。政府は、国内防衛産業が製造する部品の将来的な海外輸出も視野に入れている。

 政府は昨年12月、F35選定の際、日本企業が機体の部品製造に参画する場合、「最大4割程度」とすることで米政府と合意した。具体的には、F35の胴体の一部や主翼と尾翼、アビオニクスと呼ばれる情報処理のための電子システムの生産などが想定されている。

|

« 板垣 英憲氏がブログで田中眞紀子文科相の3大学新設不認可について解説しています | Main | 検察は何故捏造までして小沢一郎を犯罪人として政界から葬ろうとしたのか »