« 小沢氏はなぜ米国に狙われたのか | Main | 大阪維新の会 大口後援者にマルハン、ソフトバンク、パソナ »

橋下市長が何故週刊朝日を攻撃したか

私は人種による差別・学歴による差別・職業による差別・出身地域による差別などは一番嫌いな人間ですので、今回の週刊朝日の記事は許せるものではないと思っています。

その為に、橋下市長が朝日新聞や週刊朝日を攻撃した事はある程度理解出来ますが、その裏に隠されている橋下市長の思惑は許せないと感じました。何故なら、今回この様な週刊朝日の記事は、以前から別の週刊誌すでに報道されていた事です。

今回特別に、橋下市長は週刊朝日の攻撃を始めましたが、それは親会社が朝日新聞でテレビの媒体もある為で、その事が大きなニュ-スに成り、支持率アップに繫がると云う黒い思惑が有ったと思われます。

そうでなければ、ネットに流れる報道や、「週刊新潮」や「週刊文春」(2011年、10月27日号) 週刊ポスト(2010年04月02日号)を先に攻撃し、訴えなければならないはずです。

ネット空間に流れる橋下市長の情報

橋下徹氏の生い立ちから府知事選出馬まで(青空の社会学)

橋下徹氏の生い立ちを調べました。ネットには山ほど、重複した記載があり、すべて、公知・既知の事実のようです。ネットの「青空の社会学」中心に適宜、記載してみました。

私は初めて知ったことが多いので結構驚きでした。 出自はともかくも、びっくりしたのは 日本一の売春街の組合(経営者)の顧問弁護士!悪徳で有名なサラ金「シティズ」の代理人弁護士を5年間もやっていたとは! 詳しいかた、ご教示ください。

最初はネット「青空の社会学」2012-05-08 17:32:21
http://blog.goo.ne.jp/handa3douzo/e/45c414eb00e4abdfb406c3bbf7027f04
先の大阪w選挙で勝ったタレント橋下「維新の会」の本当の姿がようやく見え始めてきました。相変わらずのメディアの異常報道ぶりですが、これからその人物像や政策の本当の中身を連載で追っていきたいと思います。

〈生い立ちから現在まで。〉
1、生まれは大阪府八尾市同和安中地区。
=亡き父親は暴力団、津田組の三羽ガラス!=旧大阪府下同和地区出身で大宅賞作家上原善広氏が『週間45』「最も危険な政治家」(2011年、11月18日号)で詳細に報じています。

「週刊新潮」や「週刊文春」(2011年、10月27日号)でも報道しています。
 
またノンフィクション作家の森功氏が「同和と橋下徹」でも報じています。それによりますと橋下徹は八尾市「安中地区」で生まれています。そして父親は在日人で部落解放同盟と深い関係にあったことを書いています。

橋下氏の実父、故之峰氏とその弟博とし氏の両者をよく知っているいるという安中地区の住民は「(実父は大男で暴れん坊だった。土井熊系津田組の三羽ガラスとといわれたほどの男やった。実父はピキと呼ばれとった。3人とも在日やった。暴力団の組員という立場上、名前を出せなかったので、弟に水道会社をやらせていた」

元部落解放同盟安中支部書記長の笠原忠は橋下氏の実父とその弟である叔父が所属していた津田組組員だった。笠原元安中支部書記長は、詐欺や恐喝でたびたび新聞沙汰になってきた人物である。

叔父名義の水道会社「丸万土木」

※1は八尾市の指名業者でもあったが、部落解放同盟が資金源獲得のために設立した直轄の建設業者団体「大阪同和建設協会」の会員であった。同和対策事業の肥大化とともに「丸万土木」も潤っていた。                         
その後、暴力団員だった父親は(追われてか)上京し、ガス管をくわえて死亡したとなっています。

2、橋下徹の弁護士活動。=サラ金「シティズ」※2の代理人弁護士。
  橋下徹氏は早稲田大学政経学部に入学。大学卒業の年に司法試験に合格し、97年4月に弁護士登録。翌98年4月に橋下総合法律事務所を開設しています。
                                                                 
弁護士活動は大阪の売春地帯「飛田新地」※3の顧問弁護士やサラ金大手「アイフル」傘下の取立て悪徳業者で有名な商工ローン会社「シティズ」の代理人弁護士を勤めています。
 
「シティズ」は99年から04年まで5年間勤めていますが、利息制限法を超える高額の利息支払いを求め、一日でも遅延すると、残金を一括して支払うように債務者に迫り、債務者から全国的な訴訟を起こされてきました。 

3、タレント弁護士時代へ!=(一時間)50~150万円の報酬。
 
テレビ局は至上命題である「数字(視聴率)の取れる」超人気タレントとして番組出演料を支払います。
(関西ローカル番組でおよそ一時間50万円、全国ネットで100~150万円)

すっかり人気者になった橋下氏は本来もっている「右翼ポピリュスト」として、歯切れのよい「核武装発言」や「日本が一番いけないことは単独で戦争できないことだ」「徴兵制の復活」「体罰肯定論」など過激発言を繰り返します。 テレビから生まれた、テレビの落し子! 

4、知事選出馬。=テレビタレント選挙。
08年1月27日の大阪府知事選は、自公支持の橋下氏、民主推薦の熊谷大阪大学院教授、共産党推薦の梅田弁護士の三つ巴となった。 

既に選挙戦告示前から、メディアは人気タレントだった橋下氏に密着し、その発言やパフォーマンスを逐一報道していた。橋下氏のそれは小泉元総理の「自民党をぶっ壊す」「郵政民営化なくして改革なし」という歯切れの良いキャッチフレーズだった。 

「大阪府は破産会社!」「大阪府を解体する!」と繰り返し過激発言を続けた。(実は大阪府は破産会社でも何でもなく、至って普通の財政状態)             
(以下略 ※ ★橋下「維新の会」の正体!はPART6まであり、現在に至るまでの詳細な記述が続きます。)

※1「丸万土木}
週刊ポスト 2010年04月02日号より
http://www.47ch.net/bbs/test/read/1osaka/1274086583/
・橋下知事のパーティ券を購入していた叔父の名は「橋下博ム(ハシシタヒロム)」 
このことからも、週刊誌等に報道されてきたように橋下知事の本名が「ハシシタ」であることは明白。
・「政治資金パーティを含め、企業・団体献金を受けない」と言っていたにもかかわらず、 この大阪府公共事業を請け負う企業役員であるハシシタヒロム氏から献金を受けていたことが、昨年の府議会で発覚
・ハシシタヒロム氏は八尾市で「丸万土木」を営むも96年11月に倒産、その後公共事業入札の「業務屋」「談合屋」

※2サラ金「シティズ」シティズ   

wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%BA

株式会社シティズは、かつて存在した日本の商工ローンを扱う企業。2002年7月8日に、消費者金融大手アイフルグループ入りしている。

訴訟法務に強く、みなし弁済(貸金業者が不利益にならないようにとの政治的配慮からでき、利息制限法を超える金利を取ってもいい、ということを認めた法。)の主張で有名である。かつて橋下徹弁護士が顧問弁護士を勤めていた

※3飛田遊廓=大阪市の遊廓、赤線である。通称は飛田新地。大正時代に築かれた日本最大級の遊廓と言われ,1958年の売春防止法施行以後は料亭街『飛田料理組合』となっているが、営業内容は1958年以前と何ら変わりがない。

料亭内での客と仲居との自由恋愛という脱法行為として売春防止法を逃れられたためである。

橋下徹氏 大阪の旧遊郭街・飛田新地組合の顧問弁護士だった.旧遊郭で現売春街である。(http://blog.livedoor.jp/seiginomikata8/archives/55501338.html)

<橋下さんは飛田新地の弁護士だったそうですが、裁判記録とかありますか?>
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1083189885

橋下さん...基本的に橋下は「示談専門」って看板で弁護士活動をしていました。

実態はヤクザの片棒担いで被害者に公的機関等に救済を求めない様にするのがその役目です。

(「助けを求めても誰も助けてくれねぇよ、法的にも助からないって」と弁護士に言われたらヤクザに脅されている被害者はどう思うか考えてみて下さい)

こんな感じになった理由は、修行時代(イソ弁と呼ばれていた頃)でさえ裁判のやり方等をろくに学ばず、弁護士事務所の運営方法しか学ばなかった所為で、裁判に実際参加した時は雇い主の意見を只そのまま繰り返して並べるだけの子供の様な事しかできなかったそうです。

そんな感じですので、有名どころは橋下自身の残してる

・万引きじゃない、品物が勝手に買い物籠の中に入ってきただけだ

・雇い主の主張を繰り返してたら相手側の弁護士に呼び出され、「真面目にやれって怒られた」 位じゃないですかね?

|

« 小沢氏はなぜ米国に狙われたのか | Main | 大阪維新の会 大口後援者にマルハン、ソフトバンク、パソナ »