« 橋下維新の会も相当怪しい政党に成ると予想していましたがマスコミの手のひら返しも予想された事でした | Main | 原発の稼働 無責任体制は許されぬ »

安倍新総裁で早速見えた「後退」自民党は時計の針を戻すのか?

週刊ダイヤモンド 上杉隆より転載します

自民党は時計の針を戻したのだろうか? 筆者が『官邸崩壊』を書いてから6年の月日が流れた。当時、戦後最年少の52歳で宰相に就任したのが安倍晋三氏だ。
 
その安倍氏が40年ぶりの決選投票の末に再び自民党総裁に選ばれた。今回は野党であるため直ちに首相の座に就くわけではない。だが、一年以内に必ず総選挙ののち、現実的に首相の座に近い最右翼となったことは確かだ。
 
果たして、あの突然の辞任劇から安倍氏は成長したのだろうか? そしてまた「お友だち内閣」とも呼ばれたあの側近たちは変わることはできたのだろうか?
(1)スチールの「頭撮り」を行う。
(2)司会の塩崎恭久報道局長が新総裁記者会見を行う旨挨拶する。
(3)冒頭、新総裁が挨拶をする。
(4)平河クラブ幹事社(代表者)が予め提出した質問項目に基づいて質問する。幹事社一社につき一   問。代表質問の進行は平河クラブ幹事社(代表者)が行う。
(5)平河クラブ幹事社(代表者)の質問が終了後、予定の時間内で平河クラブ加盟社に限り質問を受け  る。
(6)報道局長が会見終了の挨拶を行う。

まったく6年前よりもひどい。あの頃もひどかったが、少なくとも、その前の小泉政権で、世界でも類を見ない記者クラブ制度のこうした談合実態は、少しずつではあるが改善に向かい始めていたのだ。
政治とメディアの関係に無理解だった「お友達内閣」「なにやってんだか。まだそんなことやってんのか」総裁選当日、この話を薬師寺克行元朝日新聞政治部長に伝えるとこう返ってきた。
 
周辺が安倍氏の評判を下げる。

側近は自己保身のために都合の悪い事実を上げない。結果、安倍氏自身の信頼が失墜し、統治力を失っていく。6年前の『官邸崩壊』で描いたあの悲劇がまた繰り返されようとしている。1955年以降、いくつもの政権が生まれ消えていった。筆者が取材をしたのは小渕政権以降だが、政治とメディアの関係を最も理解していない政権の一つが安倍氏の時代だと言っていいだろう。

「お友だち内閣」はメディアとの関係でも同じだった。耳触りの良いことをいう記者を周辺にはべらせ、自らを批判する者は徹底的に避ける。結果、偏った、しかも都合のいい情報が繰り返しもたらされることになる。

「私はかつて、総裁・総理として、政権を担いました。その中で、挫折も含めて、様々なことを経験してまいりました。国民の皆さまにも、本当にご迷惑をおかけしました」平河クラブの記者からの都合のいい質問に答える形で安倍総裁はこう語りはじめた。自らの政権運営の失敗を、単に自らの挫折と言い切ってしまう無責任さは相変わらずのようだ。

フリーライターの島田健弘氏(自由報道協会理事)によれば、新総裁就任会見前、このような用紙が配布されたという。

聞こえてこない反省の言葉体調だけが問題でないはず

「その責任は大変大きなものがあるわけでありますし、その責任は、私がこの総裁選挙に勝利したことで消えるわけではありません。この責任をしっかり果たし、その経験を胸に刻み付けながら、今、私はすっかりおかげさまで、健康を回復させていただきました。経験を生かして、この難局に立ち向かっていきたい。この経験を今こそ生かしていけるという声もたくさん頂くことができました。総理として、何度も首脳会談を行いながら、外交において様々な経験をしてきた。今、民主党の外交敗北によって、日米同盟が危うくなっています。今までの経験、こうした外交の経験も生かしていきたいと思っておりますし、総裁として、選挙に勝っていくため、私自身失敗の経験もしていますが、そういった失敗も生かしていきたいと思っているのです」
 
自分にとっては「失敗」で済むかもしれないが、国の政(まつりごと)を放り出した過去はそれで済むものではない。その総括を自ら行っているわけではないし、なにより当時のコントロール不能に陥った政権運営の反省の言葉は何一つ聞いていないではないか。
 
いったい何を寝ぼけているのだろうか。安倍氏が首相の座を降りることになったのは、単に体調だけが問題ではないはずだ。次から次へと発生する閣僚のスキャンダル、井上義行秘書官を象徴とする官邸内のガバナンスの欠如、そして、安倍氏自身の政策の変更とごまかしなどが相まって政権を崩壊へと導いたのだ。
 
そうした過去の現実から目を逸らし、都合の良い経験だけを抽出して、政治を語るのはあまりに浅薄すぎはしまいか。「側近たちに煽られてその気になっているのだが、外交はそんなに単純なものではないだろう」
 
前出の薬師寺氏は、安倍氏の父の安倍晋太郎外相の番記者時代から彼を知っている。つまり、安倍氏が父の秘書時代から見続けている政治記者の一人だ。総裁選の日の夜、筆者がMCを務めるニコニコ生放送の番組のゲストとして登場したその薬師寺氏は、安倍氏に対してというよりも、結果として彼を選ばなくてはならなかった自民党そのものを嘆いているようだった。

“再チャレンジ”する資格はあったのか
 
確かに、今回の自民党総裁選に出馬した安倍・石破・石原・町村・林の五候補は全員世襲議員だ。前回の総選挙で世襲禁止の方針を決めたはずの政党がこれだ。
 
それだけではない。総裁選の投票過程を見ても、第一回目の投票でもっとも党員票を集めた無派閥の石破氏、もっとも議員票を集めた石原氏はそれぞれ勝つことはできなかった。
 
そこに野党としての勝負の姿勢は感じられない。「安倍総裁」の再来は自民党という政党の限界とも映る。本当に「経験」を活かしているのかすでに怪しい。
 
安倍氏もそうだが、政治家には再チャレンジが認められているようだ。だが、一般の国民にはそうした可能性はほとんどない。失敗や反省する余裕すらない。あの頃、会社を失い、社員を失った中小企業経営者の多くはいまもそのままだ。

『官邸崩壊』でも書いたが、安倍氏は一度、バッジを外して、自らをいったん「下野」させるべきだったのだ。そこからしか自身の再生はない。「安倍新総裁が勝った瞬間、産経新聞の記者はガッツポーズをしてハイタッチしていた。まったく以前と変わらないんだなと思いました」
 
そう、実は安倍氏や自民党だけが悪いのではないのだ。お粗末なのは側近たちも同様だし、何と言ってもいまどき記者クラブシステムを復古させた当のメディア自身が一番ひどいのである。それは安倍氏に近いメディアも遠いメディアも無関係だ。

〈さらに、天声人語は、安倍氏の再登場を「なつメロ」と表現する。小学生でも考えつくような、陳腐な表現だ。読者に提供されるべきは、再登場の背景分析だろう。さらに、「ナショナリズムの風に、うまく乗った」という表現は失礼だ。「うまく」という言葉に、筆者の対象蔑視と低俗さが表れる〉
〈その後の文章も、感性に流され支離滅裂。

「人心を逸らさぬ程度に」は、政治的プロセスを論じる表現としては不適切である。あげくの果てが、結語の「たまさかの上げ潮に浮かれず、責任を省みてほしい」。自分を何様だと思っているのか。何を安倍氏に期待しているのか、全く伝わってこない〉
 
茂木健一郎氏は自身のツイッターでこう書いて、「天声人語」を批判した。まったく同感だ。空疎な言葉を羅列する様は、自身が批判している政治家そのものだ。この国の政治もメディアもなぜ責任を取ろうとしないのか。そして自らをなぜ直視しようとしないのか。
 
自著『官邸崩壊』を読み返しながら、あの6年前となんら変わらない永田町のシーンに筆者はほとほと嫌気してしまった。谷垣総裁時代にフリーや海外メディアに開放された総裁記者会見も、事実上閉じてしまった。自民党は本当に大丈夫だろうか?

|

« 橋下維新の会も相当怪しい政党に成ると予想していましたがマスコミの手のひら返しも予想された事でした | Main | 原発の稼働 無責任体制は許されぬ »