« 森田実氏が大新聞者の編集者は石原慎太郎東京都知事をこれ以上おだてるなとツイ-トしています | Main | 反原発がどうして反日と繫がるか全く理解出来ません »

脱原発の方視察お断りが電力会社や原子力ムラの人々の本音

電力会社や原子力ムラの人々の本音が完全に解りました。

政府は原発を稼働する事に色々な人々から意見を聞いている様ですが、電力会社は原発を稼働する事に、脱原発・原発推進の人々の意見など全く関心が無く、常時推進を目指している原子力ムラの人達だけからしか意見を聞かないと云う事がよく解りました。

これが現在福島原発の事故を経験した後の日本の電力会社の姿です。

原発が本当に安全で一番安いエネルギ-であると云う自信が有れば、誰が視察しても良いはずですが、本音は色々な不具合を見られたくないと云う事と思います。

また、昔から原発推移や反対をイデオロギ-の対立と云う構造に持って行った事が、福島原発事故までの原発安全神話を作りだし、福島の原発事故に繋がったと思われます。

原発の安全性に常に疑問を訴えて来た学者を、原子力の専門家達の学会はこのイデオロギ-の対立の中に封じ込めて、議論が表に出ない様にして来ました。

今回の様な北陸電力の対応をが見る限り、日本での原子力発電は絶対に推進させてはならないとあらためて強く感じました。

「脱原発の方、視察お断り」 北陸電、福島氏らを拒否

(朝日新聞9月5日)
 
北陸電力(本店・富山市)が8月下旬、社民党の福島瑞穂党首ら党関係者による志賀原発(石川県志賀町)の視察要請に対し、「原発の必要性に理解がない方への対応は難しい」との理由で拒否していたことがわかった。
 
北陸電力地域共生本部は「視察の要望が相次いでおり、現地が多忙な状況にある。『脱原発』を掲げる政党に視察を許可しても原発への理解は得られず、優先順位が低いと判断して断った」と説明する。
 
視察を要請した社民党の担当者は「どういうことなのかさらに説明を聞きたいと申し込んだが、推進の立場でないと聞きに来られるのも困ると言われた。党として北陸電に申入書を出したい」と話している。

|

« 森田実氏が大新聞者の編集者は石原慎太郎東京都知事をこれ以上おだてるなとツイ-トしています | Main | 反原発がどうして反日と繫がるか全く理解出来ません »