« 有田芳生 ‏議員が週刊文春松田賢弥の捏造記事に対してツイ-トしています | Main | 指揮権発動を助言したのは滝法相との情報も »

小沢グループ幹部新党結成準備を指示

小沢グループ幹部、新党結成準備を指示

(朝日新聞6月21日)
民主党の小沢一郎元代表グループ幹部は20日夜、都内のホテルにグループ議員を集め、「反対票を投じた後の行動も共にできる仲間に声をかけるように」と述べ、新党結成に向けて準備するよう指示した。小沢氏は消費増税関連法案の採決で反対する意向を固めており、21日のグループ会合で反対の意思を表明し、結束を呼びかける。
 
小沢氏は20日に面会した議員に「みんなをまとめておいて欲しい」と明言。グループ幹部の東祥三前内閣府副大臣は同日の両院議員懇談会後、記者団に「執行部との溝は埋まらない。何を言ってもだめだ」と語り、新党結成も視野に動く考えを示した。

小沢氏ら60人前後造反の見通し 消費増税案提出へ

民主党は19日夜、消費増税関連法案をめぐる自民、公明両党との修正合意について、前原誠司政調会長が一任取り付けを宣言し、党内手続きを打ち切った。3党で衆院に修正法案を共同提出する。一方、小沢一郎元代表は採決で反対する意向を固めた。小沢グループを中心に60人前後が造反する見通しで、鳩山由紀夫元首相も同調を検討。法案の衆院可決に影響はないが、大量の造反が出れば野田政権への打撃は大きい。
 
野田佳彦首相は20日朝、メキシコから帰国後、輿石東幹事長と会談。政府・民主三役会議を開いて今後の日程を決める。城島光力国会対策委員長は20日、与野党国対委員長会談で会期の延長幅を示す方針だ。民主党内には衆院採決前に、両院議員総会と懇談会を開き、首相が経緯を説明すべきだとの意見が出ている。
 
首相は21日の国会会期末までに採決する意向だが、前原氏の党内手続きへの反発から、首相官邸内にも「21日は厳しい」(高官)との見方が強まっている。
 
民主党の党内手続きは19日夕から党本部で再開。前原氏が「政策の手続きは政調会長に任されている」と繰り返し承認を求めた。これに反対派が反発し、中間派からも「分裂を回避するために首相は辞任するしかない」といった厳しい意見が出た。平行線のまま19日夜、前原氏が協議を打ち切った。前原氏は終了後の記者会見で「手続きに瑕疵(かし)はない。政調役員会、政府・民主三役で決定したことは党議拘束がかかる。成立まで責任を持つことが我々の責務」と強調した。
 
一方、小沢氏と鳩山氏は19日夜、都内のホテルで会食。小沢氏はこれに先立ち自宅や国会内で側近議員らと面会し、「反対に向けて皆で足並みをそろえていこう」と指示した。
 
朝日新聞の取材では、今のところ37人が反対を明言。25人が反対または棄権することを検討している。小沢、鳩山両グループのほか、前原氏の打ち切りに反発する中間派の一部議員をあわせて造反の総数が60人超に上る可能性もある。

小沢氏、新党結成を視野…一体改革採決で反対票
(読売新聞6月21日)
民主党の小沢一郎元代表は20日、社会保障・税一体改革関連法案の衆院採決では反対票を投じ、新党結成を視野に行動する考えを周辺に伝えた。
 
採決日程が決まった段階でグループ議員を集め、こうした考えを表明するとしている。小沢氏は20日、「(法案)反対後の環境整備はきちんとやる。選挙には絶対勝てる」と周辺に伝えた。「重大発表するので、行動を共にできる議員を集めるように」と指示も出したという。これを受け、小沢氏の側近議員は、複数の民主党議員に新党を結成した場合に参加する意向があるかどうかを打診した。
 
小沢氏は、衆院採決が避けられなくなったため、離党・新党を視野に入れることになったとみられる。 小沢グループは衆参約110人で、衆院は約80人。このうち、衆院採決で反対票を投じる意向を示している議員が50人程度いる。小沢氏と行動を共にする議員がどの程度かは不明だ。

|

« 有田芳生 ‏議員が週刊文春松田賢弥の捏造記事に対してツイ-トしています | Main | 指揮権発動を助言したのは滝法相との情報も »